なぜ小さい頃から芸能界にいるとたいていおかしくなるのか、といえば、母親が原因なわけだが、おそらく母親の一喜一憂がすごいわけである。
母親の一喜一憂が娘に伝染しているから、どうにもならない。

母親が娘を応援するのは、悪事と言っても差し支えない。
熱狂的なサポーターとして貼り付いていて、目先の試合で天国と地獄みたいな両極端な感情を爆発させるのだから、これは罪悪である。
これがスポーツ選手と観客なら、所詮は赤の他人だし、サポーターがどれだけ怒り狂っても、選手が本気で気に病むこともないだろうが、母親がそれをやるとすれば、無視するわけにはいかないので、極めてまずい。

杉本愛莉鈴さんがさくら学院を途中でやめたのは、中元すず香とユニットが組めなかったのがよほどショックだったのだろうが、端から見ていたら、どうでもいい話である。
機会は何度でもあるのだから、シーズン序盤での敗戦にすぎないし、残りの試合で挽回できることである。
だが、おそらく杉本さんの母親は、アクターズスクール広島に四歳の時から娘を入れて、なんか地元の英雄だったらしい中元すず香と組ませることを夢に見ていただろうから、かなりショックを受けたであろうし、それは娘にも伝染するから、さくら学院をやめたのである。

揃ってアミューズを解雇された杉本さんと武藤おばさんがもめているのも興味深く、武藤おばさんも、おそらく母親の一喜一憂がすごいので、どこかで敗北すると、残りの試合をすべて放棄するわけである。
アミューズ社員はシーズン全体として見ているだろうから、その試合で負けても、残りで挽回できると考えているわけだが、やはり母親がショックを受けてしまうので、これが娘に伝染してどうにもならないのだろう。

一喜一憂というのは、とても無責任な行為である。
観客とスポーツ選手の関係なら、所詮はストレス発散のためのショーであるから、無責任な応援は許されるが、シーズン序盤でいちいち天国と地獄みたいな反応をステージママがしてしまうと、これが娘に伝染し、厄介な人間を生み出すのである。
こうなってしまった人は、アミューズとしては解雇するしか無いのであろう。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング