小池百合子が「崖から飛び降りる」と言って立候補した時は、大半の人が更年期障害の発作だと思ったはずなのだが、実際は、都連を巡ってのいざこざが背景にあった。
石原伸晃がこうやって惨めなルーザーになるとは予想されてなかったし、これを映画のように演じきってみせた小池百合子はなかなか胆力のある人物である。

では、都連のドンと言われる内田茂について、なぜそこがポイントであることが選挙終盤までわからなかったのか、という問題である。
マスゴミが報じなかったからである。
小池百合子と石原伸晃の対立の理由として極めて重要なのにほとんど報じられなかった。

敵対的に突撃して押し掛けていくのは、それで終わりという取材の仕方である。
マスゴミが内田茂について沈黙していた理由のひとつはそれであろう。
いわば実力者だから喧嘩別れするような取材は出来ないし、友好的でなければならない。
取材対象を使い捨てだと見なしている時は土足で上がり込んでくるが、継続的に取材するつもりの時は、批判も手控えるわけだ。

立花隆が田中角栄を追及した時に「そんなネタはとっくに知っている」と大新聞の政治記者に揶揄されたようだが、内田茂と田中角栄ではスケールが違うにせよ、マスゴミとしては、関係が完全に切れるような取材や報道の仕方はやりたくないのであろう。

さすがに今回の流れだと、内田茂に引導を渡すことになりそうだから、ここからは使い捨てとして突撃されると思われる。
用済みとして消費されるわけだ。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング