ここ最近はトランプは優勢だったのだが、イスラム系アメリカ人の件でやらかして、ヒラリーに追いぬかれた。
どうもこの件はわたしにはわかりづらいのだが、いろいろとニュースを読んでみて、メモとしてまとめ。

Humayun Khanという人物。
両親のルーツはパキスタン。
本人はアラブ首長国連邦で生まれたが、二歳の時にアメリカに移住する。
2004年にイラク戦争に従軍。
Suicide car bombsに巻き込まれて死亡する。

この両親が最近の民主党大会でトランプを批判。

これにトランプが応戦した。
父親の方しか発言しなかったことを指摘し、母親が発言しなかったのは宗教上の理由だろう、などと述べる。
これのどこが悪いのか今ひとつわからないが、遺族への侮辱行為だとして顰蹙を買ったのである。

トランプがベトナム戦争で徴兵忌避しているのも悪いイメージに拍車を掛けた。
そして支持率は低下したようだが、トランプは自分の発言をまったく後悔してないという。

Gold Star familiesという表現がよく出てくるが、これはアメリカの遺族会のようなものらしい。

21世紀以降、アメリカ人の戦死者は6000人くらいいるらしく、その遺族の団体なのだろう。
その6000人のうち14人がイスラム系アメリカ人らしい。
ヒラリーもよく探し出してきたものである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング