わたしもあまり事態を把握してないし、まだ無料のお試し期間であるから、消費者問題ではなかろうし、蜂の巣をつついたような騒擾が版図を広げているわけではないが、ネットの片隅で不満を募らせている窮民の方々がいるらしく、公式アナウンスもされないから、あれこれ不透明であり、目鼻立ちも定かではないが、事態の輪郭が判然としないながらも、粗雑に書き綴っておこう。
噂によれば、初年度は著作権者に対して、購入されたのと同等の扱いをするらしいのだが、要するにアマゾンの大赤字である。
月額980円で賄えるわけがない。
目前の大赤字は承知のうえで、長期的な視点でサービスをローンチしたのだろうけど、なんか予想以上だったらしい。
高額の書籍がラインナップから消されているらしいのだ。
それと1000冊制限というのもある。
1000冊に到達すると、そこで制限されるようだ。
いくらコミックであろうとも、サービス開始から一週間かそこらで1000冊も読むのはちょっと無理だと思うのだが、立ち読み感覚、つまり、読みさしの本を積み上げていけば、それくらいいくのかもしれない。
あるいは、なにか裏技があるのかもしれないが、それはよくわからない。
同時に端末に残せるのは10冊という制限は最初からあり、一気になんでもかんでもダウンロードすることはできない。
ともかく、細かい事情はさっぱりわからないのだが、お試し期間は無料という惹句がまずかったのか、雲霞の如く押し寄せる赤貧の俗衆に対して、アマゾンの担当者が真っ青になっていると思われる。
普段は抜け目のない狡猾な連中であるだけに、珍しく杜撰であるのが興味深い。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング