ヒラリーがなぜ嫌われているのかというと、本音を言わないタイプだからであろう。
これは詐欺とは違う。
偽善者と詐欺師は違うのである。
共通していることは多々あるが、共通してないこともある。
詐欺は嘘をつくことだが、偽善は本音を言わないことであり、併発しやすい病ではあるが、区別はした方がいいであろう。

ヒラリーは弁護士として磨き上げたテクニックなのだろうが、
官僚答弁というか公式見解を述べることに終始するし、
本音を言わない、というより、本音がないのであろう。
本音とはなんぞやと言っても、これはわれわれも自分の中でいろいろ葛藤しているのだし、
明確にひとつに決まったものではないが、
タテマエ論から踏み込んで、腹を割って話すということであろう。
いろいろな自分の考えや気持ちも含め、状況をあるがままに話すことである。

偽善と対極なのは馬鹿正直である。
何十年か前までは馬鹿正直が美徳とされていたが、
他人のプライバシーに土足で踏み込むような、配慮が足りない地域共同体だから美徳だったとも言えるし、
馬鹿正直が素晴らしいわけではあるまい。
とはいえ、それなりに正直ではあって欲しいものである。
これはバランス感覚の問題と言うしか無いが、
ヒラリーに関しては、公式見解しか言わないのが徹底しているし、
いろいろと腹を割って話して距離を縮めるタイプでもない。
公式見解しかなく、中身が空洞という印象を与えるし、実際にそうであろう。

偽善者などこの世から消えればいい、というわけでもあるまい。
時として、公式見解を繰り返すしかないこともある。
公式見解が悪であり、何でもかんでもズケズケと本当のことを言え、というわけはない。
とはいえ、ヒラリーは度が過ぎているし、法廷戦術に慣れすぎたのか、芝居がかった綺麗事しかない。

弁護士は双方代理が禁じられている。
原告の弁護士と被告の弁護士が話し合いで和解することはあるにせよ、
ひとりの弁護士が、原告と被告を仲裁するのは禁止である。
あくまでどちらかの立場に立ち、片方の立場に徹するのである。
もちろん大統領だって、自国の公式見解を述べるのが中心になるし、そういう白々しい官僚答弁を述べることに関して、ヒラリーは極めて優秀ではあるだろうが、ここまで偽善者オーラが強いと、人の上に立つべき器とは思えない。
どれだけ長広舌を振るっても語るべきものが見えず、分厚い契約書を読まされてるような気にしかなれないのでは、国家が危殆に瀕したときの精神的なリーダーシップも不安視される。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング