鈍感な人間からすると、「空気」を読むのがなぜ可能なのか、という疑問もあるだろう。
答えは簡単であり、空気を読んで、それが正解とは限らないのである。
ソーシャルスキルだけで生きているロンブーや津田でさえ、空気を読めば百発百中というわけではない。
かなり的中しているだろうが、物事の真相は所詮わからない。

そして、言葉はそんなに信用できないということだ。
言葉が正解というわけではない。
人間は嘘だってたくさんつくし、見栄を張ることもある。
もしくは言葉でいちいち説明してたら、時間がかかって仕方がない。
説明しなくても、観察力で把握してくれることが望ましい。
他人がやるのを見て、それで理解してくれれば手間が省けるわけだ。

この世の中はいろんな真相が闇に葬り去られているし、本当のことなんてわからない。
空気を読む、というのでも、いろいろと察しているだけである。
その「察し」が百発百中だとは限らない。
あくまで推定でしかので、驚愕すべき真相が裏にあるかもしれないわけだ。
この世の中で、その答え合わせはしない。
スキャンダルとして漏れてくることは多々あるが、手持ちのカードは他人に見せないまま終わるのが原則。

ともかく、言葉が正しいという幻想は捨てなければならない。
権威ある本の記述が嘘だらけということはあまりないにしても、普段の会話とか、嘘だらけである。
言葉は正解ではないし、言葉を馬鹿正直に信じていたら、痛い目に遭うだけである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング