yamamotofand.jpg


以前このようなやり取りがあったわけである。
わたしはやまもといちろう氏が100億円持っていると考えることにしたので、訴えられてはいない。
経歴とはそういうものであり、御本人の申告を信じるしか無いからである。

日本だと名誉毀損では被告側に立証責任がある。
アメリカとは逆である。
もしわたしが訴えられたとしたら、やまもと氏が100億円のファンドをやってないと、わたしが証明しなければならない。

いくら立証責任が被告側にあると言っても、原告のやまもと氏が、100億円の証拠をまったく示さないという立場を取った場合に、それで勝てるのかどうかは知らないし、ファンドは届け出やら認可を受けて公開されるのが当然であるから、プライバシーとは見なされないであろうし、ここはよくわからない。

いずれにせよ厄介であり、誰もがこの話題に触れないのは、そういう理由である。
御本人が言う経歴は、ひとまず経歴として認めるしかないのである。
そのファンドを確認したわけではないが、御本人が言うからにはあるのだろうし、これに疑いを差し挟むのは法的リスクが大きい。
だから、やまもと氏は100億円持っていると考えることにしたのである。
他人の経歴をチェックするべきではないから、チェックを怠っても過失ではない。
おそらくそういう立場を取っている人が多いから、やまもと氏があちこちで起用されていると言うしかない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング