英語はアルファベット26文字で組み合わせているから、暗号文みたいなものである。
なにより、知らない単語は本当にわからない。
想像がつかないのである。
もちろん想像が付くことも時たまあるが、知らない単語は皆目見当がつかないのが大半である。

これが日本語となると、漢字が表意文字であり、それぞれが意味を持っているから、だいたい想像がつくのである。
初めて見る熟語であっても、知っている漢字で構成されていれば、想像がつく。
だから専門用語が並んでいても、日本語だとなんとなく読めてしまうのである。
アルファベット26文字の英語ではあり得ないことである。

Kindle Unlimitedでも、この日本語の特性への留意が足りないように思う。
英語だと専門用語が出て来る段階でお手上げだし、いわば知らない漢字がズラズラと並んでいるようなものだが、日本語は漢字さえ知っていればどんな本でも読めてしまう。

普段は本を買わない人でも、無料となれば読むわけだ。
書籍代が意外と高いから普段はネットで暇つぶしをしている人でも、ただなら本は読む。
そして繰り返し述べたとおり、漢字なら専門用語でも想像が付く。
暇を持て余している日本人はたくさんいるし、専門書であっても読めばわかったつもりになる。

無料(もしくは月額980円)なら読まないと損くらいの乞食感覚もあるだろうから、モチベーションも高い。
金を払って読む気はしなくても、ただなら掻き集めるようにして貪る。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング