悪事を犯しても無罪というと、病識がない精神病の人というイメージである。
異常者だからお咎めなしということだ。
だが、その一方で、正常者だから無罪ということもある。
これは法廷で無罪になるのではなく、そもそも裁判にならないし、警察も来ない。
他人を迫害するのは正常な行為であり、これは容認されている。
正常者だからこそ無罪なのである。
迫害される異常者、もしくは異端者は復讐としてテロルを夢見るかもしれないし、ごく稀に実行されるから、そういう反社会的な人間を排除する正常行動とも言えるが、ともかくそういうことである。

迫害という正常行動をどう扱うかの話だが、これは社会的に認められていると言うしかないのである。
正常だから構わないと結論付けるしかない。
迫害は集団でやるから、罪が分散するのもあろうし、民族浄化のようなものでなければ、異常者のテロリストのような大惨事を巻き起こすこともない。
迫害とは、雑に言えば「追い出す」という行為であるから、これが何の罪に該当するのかよくわからない。
もちろん追い出す過程で、いろいろな刑法に触れているとは思うのだが、そのあたりは看過されている。
たとえば小突き回す行為があったとして、それに暴行罪を問うのは可能であろうが、ともかくテロリストの行うことに比べたら微罪であるし、それよりひどくても、だいたいは私刑として認められている。
天下りする役人だって正常者であるし、彼らが利権の確保のために嫌がらせをするとしても正常行動である。
他人に嫌がらせをするから異常者というわけではない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング