愛情の押し売りは人間の根源的な願望だが、迷惑であるのは明らかなので普通はやらない。お金持ちがお金をくれるとか、美人がセックスさせてくれるとか、そういう押し売りはまずあり得ない。「愛」というのは物乞いである。おそろしい高望みである。愛情の押し売りが成功してしまうなら、社会が成り立たない。だから、愛するのが無効になるように社会は作られている。愛というのは頂点への渇望であり、最頂点の人間と並び立ちたいというという熱情だ。「何でもやる」という人に雑用を頼んだらどうなるのだろうか、となると、拒絶されるに違いない。たとえば右翼団体は典型的なストーカー体質である。昭和天皇が右翼団体に「活動をやめてくれ」とかトイレ掃除だけしてくれとか言っても絶対にやらないし、おそらく「陛下が洗脳されている」とか騒いで、重臣を殺すだけである。愛に身を焦がす人間は雑用に甘んじる生き物ではない。トイレ掃除だけでいいから役に立ちたい、という発想は絶対にしない。天皇と並び立つことが目的であるから、右翼団体にトイレ掃除を命じても憤激するのみである。だからストーカーを有効活用することは出来ないわけだ。自己愛の怪物というべき集団が雪景色を血化粧で染めるのも、普段は平均人に甘んじている人間のおぞましい内面を晒すべき歴史的出来事として、何らかの意味はあるだろうが、このような箍の外れた愛情が溢れても困るのであるし、繰り返してはならないグロテスクな標本として陳列されるだけである。金銭の等価交換原理だけが人間に身の丈を教える。時給1000円で雑用をやれと言われたら、仕事がない人間は喜んでやるわけである。そこには愛という傲慢さがない。愛は無償なのではなく、等価交換原理を無視しているだけである。金持ちがお金をくれるとか、美人がやらせてくれるなら無償といえるが、そうでない限り、愛とは身の程知らずでしかない。頂点を目指すのは人間的な欲求であり、そういう美食家としての傲慢さが無いなら機械の部品でしかないが、とはいえ、塵芥のような有象無象が頂点しか受け付けないという自己愛をこじらせても難儀なので、この社会を機能させるべく、金銭という物差しで人間を矯めていくのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング