最近のDeNAの問題は医療関連の情報を調べると素人が書いた駄文が必ず上位に来るから、コンプライアンスの問題として非難されただけである。
NAVERまとめと同じことを医療関連の情報でやったからまずかった、というだけである。
グーグルはドメインの強さで判定しており、ドメインさえ強ければ、被リンクが少なくても上位表示されているのは明らかである。
ページランクではなく、ドメインランクになっているのが実態。
そしてそのドメインの評価についても、どうやらページの物量が物を言うようだ。
被リンクの数で、それぞれのページにランクがあるというのは過去の話と考えていいだろう。
ドメインが強ければ必ず上位表示なのである。
だから、とても安い報酬で人力で大量に書かせるのが跋扈している。
最低賃金というものはあるが、歩合という名目で、最低賃金を下回ることは出来る。
もしくは最低賃金を超えるためには、タイピング速度の練習と考えて、品質が低い文章を書きなぐればいい。

この問題の根っこにあるのは、グーグルがカスタマイズさせないことである。
グーグルのいろんなサービスは、ユーザーにカスタマイズさせない。
だからNAVERまとめを避けることは出来ない。
もちろん検索オプションというのがあるから、-naverと付けて、NAVERまとめの表示を避けるのは可能である。
もしくはchromeのアドオンで「Personal Blocklist」というのがあり、これはグーグル公式のものである。
これが流行ってないのは、まとめブログとか、そのあたりが、あまり広めたくないからであろうし、存在そのものが知られてないからであろう。

それに、何と言ってもこの規約が不味すぎる。

Personal Blocklist 拡張機能は、ブロックした URL を Google に送信します。ブロックまたはブロックを解除する際に、本拡張機能はブロックまたはブロックを解除した検索結果が表示されている URL も Google に送信します。ユーザーは、Google が品質とサービスの向上のためにこれらの情報を自由に使用することに同意したものと見なされます。

ブロックした結果がグーグルに送られて検索に反映されるとなると、芸能人が炎上するたびにイナゴ連中が「公式サイトをブロックしようぜ」と騒いで、その結果がページランクの低下や抹消として、検索に反映されることもあるわけだ。
ユーザーが個々人の判断でブロックするだけで、そうやってカスタマイズした結果は反映されないとした方が、集団的なネットイナゴの嫌がらせを排除できると思うのだが、あくまで反映させるのがグーグルの判断だから仕方がない。
つまり集団的な判断としてまとめられて反映されてしまうから、個人的なカスタマイズは出来ないのである。

なんにせよ、おまえらはイナゴであり乞食である。
「絶対に金は払わない」という乞食だから消費者ですらない。
NAVERまとめやDeNAを下げても、似通ったのが上がってくるだけ。
ネットコンテンツにお金を払うべきだというわけではないし、それについてはまた議論されるべきだが、そもそも、医療の専門的な情報がほしいなら医者に行くべきなのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング