人間は一度にひとつのことしか出来ない。
とはいえ、柔軟性のある人は、それなりにリソースを開けているので、たとえば決まりきった書類仕事をしながら、他人と雑談するくらいは出来る。

思い込みが激しいというのは、シングルタスクに脳が占拠されて、他にリソースを割けない状態である。
何かに取り憑かれたように一心不乱にやるしかないのである。

この取り憑かれる感覚は興味深く、あたかも何かに乗っ取られている状態なのに、その憑依性こそが自分だと思いこんでいる。
当然ながら、本当に悪魔に憑かれているわけではなく、あくまで御本人の頭の中で閃いたものであるから、これこそが自分だという思い込みも致し方あるまい。
「取り憑かれたような」というのは、他人から見るとそれくらいに盲目的で、猪突猛進してるという話である。

こういう思い込みが激しいタイプの人は、シングルタスクしか出来ない。
数学の難問を解いているならそれでいいのだが、簡単なことでさえ一心不乱にやってしまうのはただの不器用である。
難しいことは難しく考えて、簡単なことは簡単にやるというのが理想的である。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング