https://twitter.com/SenBobCorker/status/809831809429241856
presidentbush.png


国務長官に指名されたRex Tillerson(エクソンモービルCEO)。
そもそも最初にこの話を持ち込んできたのはライス(元国務長官)とゲーツ(元国防長官)である。
その後で、ベイカー(元国務長官)、ラムズフェルド(元国防長官)、チェイニー(元副大統領)が推薦に名を連ねた。
つまりブッシュ政権のお歴々である。
今回は落選したジェブ・ブッシュも推薦しているので、ブッシュ人脈であるのは最初から明らかだった。

トランプ側としては国務長官の駒がおらず、トランプサポーター代表であるジュリアーニはあれこれと難点があるので、ロムニーを押し付けられそうになっていた。
トランプ側近はロムニーだけは阻止したいということで激しく抵抗していた。
だから渡りに船ということで、このエクソンモービルCEOを手放しで大歓迎したのである。
さすがに出てくる面子からしてブッシュとの繋がりは明らかだが、ともかくロムニーにでかい顔をされて、どっちが大統領なのかわからない状態にされる危機は脱したのである。

アメリカメディアはブッシュつながりであることを黙殺して、プーチンの話ばかりしている。
そしてこの国務長官の指名には上院の承認が二段階で必要であり、まず外務委員会で承認し、その後に上院全体で承認する。
この最初の外務委員会の方に、マルコ・ルビオがいて、彼がひとり反対すれば却下できてしまう。
そこでおしまいなのである。
この第一段階でひとまずルビオが折れて、上院全体で採決することにしたとしても、ルビオとグラハムとマケインが反対すれば却下できる。
そのためメディアがルビオを煽っているのである。

ここでルビオを止めるべく出てきたのが、まずはチェイニー元副大統領であり、ルビオに直接会って話をしたとされる。
そして、さらに加わってきたのが、ブッシュ元大統領(息子の方)である。
Bob Corker上院議員が、ブッシュ元大統領から推薦の電話を貰ったとツイートしている。

ブッシュ政権の連中が総出で応援している状態である。
これに対して、今のところアメリカメディアの反応は鈍い。
これまでプーチンを仮想敵にしていたので、これをブッシュ批判と合わせ技にする理論武装が今ひとつなのであろう。

ブッシュ親子に対する評価はいろいろあるだろうし、おそらく批判が多いにしても、親子合わせて共和党政権を12年やってきたわけである。
人材難のトランプ政権を見て、ブッシュ側から押し込んできたのであり、ブッシュ元大統領も出てきたのだから、ロシアのスパイとか、そういう論調は作りづらくなった。
ブッシュとプーチンをまとめて批判するのも可能ではあるが、いずれにせよ、トランプ批判に結びつけるのはなかなか容易ではない。
トランプはブッシュの外交政策を批判しているから、政策の食い違いを問うのは可能だが、とはいえ、ロシアのスパイみたいなネガキャンはちょっとやりづらい展開になってきた。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング