https://www.congress.gov/bill/114th-congress/house-bill/2802
Prohibits the federal government from taking discriminatory action against a person on the basis that such person believes or acts in accordance with a religious belief or moral conviction that: (1) marriage is or should be recognized as the union of one man and one woman, or (2) sexual relations are properly reserved to such a marriage.

Defines "discriminatory action" as any federal government action to discriminate against a person with such beliefs or convictions, including a federal government action to:

alter the federal tax treatment of, cause any tax, penalty, or payment to be assessed against, or deny, delay, or revoke certain tax exemptions of any such person;
disallow a deduction of any charitable contribution made to or by such person;
withhold, reduce, exclude, terminate, or otherwise deny any federal grant, contract, subcontract, cooperative agreement, loan, license, certification, accreditation, employment, or similar position or status from or to such person; or
withhold, reduce, exclude, terminate, or otherwise deny any benefit under a federal benefit program.
Requires the federal government to consider to be accredited, licensed, or certified for purposes of federal law any person who would be accredited, licensed, or certified for such purposes but for a determination that the person believes or acts in accordance with such a religious belief or moral conviction.

Permits a person to assert an actual or threatened violation of this Act as a claim or defense in a judicial or administrative proceeding and to obtain compensatory damages or other appropriate relief against the federal government.

Authorizes the Attorney General to bring an action to enforce this Act against the Government Accountability Office or an establishment in the executive branch, other than the U.S. Postal Service or the Postal Regulatory Commission, that is not an executive department, military department, or government corporation.

Defines "person" as any person regardless of religious affiliation, including corporations and other entities regardless of for-profit or nonprofit status.


副大統領のマイク・ペンスが中絶反対の集会に出たというニュースがあったが、これからこういうキリスト教右派の活動はかなり行われると思われる。

First Amendment Defense Actという法案があり、これがちょっとややこしいのだが、「結婚は男と女でなされるべきだという宗教的信念を持つ人を差別してはならない」ということである。
つまり、率直に言うなら、同性婚に反対する自由、ということなのだが、回りくどい言い方になっている。
2015年にこの法案は通らなかったし、また当時はインディアナ州の知事だったマイク・ペンスも似たようなのを自分のところでやろうとして失敗している。

この法案はトランプが通すと明言しているので、100パーセント確実に行われるであろう。
トランプ自身はこの政策に興味がないはずだが、マイク・ペンスやキリスト教右派への配慮から、そういう公約をしているのである。

この法案が通れば、同性婚を批判する人間に対して、「ポリコレでない」と言って排除することは出来なくなる。
日本人はアメリカの真似をすることが好きなので、LGBTを応援してきたわけだが、これには逆風が吹くわけだ。
LGBTに寛容であるのがオバマ政権であったが、トランプ政権では逆の立場であるし、特に副大統領のマイク・ペンスの強固な信念であるから、かなり徹底して行われる。
LGBTに不寛容であるのがこれからのアメリカ。
アメリカをお手本にするのであれば、LGBTに不寛容であるべき。
同性婚に反対する自由は最大限に認められなければならない。
in accordance with a religious belief or moral convictionということであるから、宗教的信念だけでなく、道徳的な信念があれば、同性婚に反対する自由はある。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング