2017.02.01

貢ぐのは乞食

貢ぐという行動がある。これは乞食である。お金を渡す人間を乞食呼ばわりするのは変だが、やはり乞食なのである。貢ぐのは、愛情に飢えているからするわけだ。物を乞うのと、愛情を乞うのは、ほとんど同じと言っていいであろう。貢ぐのはだいたい迷惑行為である。ホストのように貢がせるシステムが完成しているならいいが、そうでなければ一方的な求愛になる。自己と他者の境界線を超えて馴れ馴れしく接していくのは、生理的な嫌悪感を持たれる行為である。果たしてアイドルが握手会を嫌がっているのか、それは不明であるし、ホストのように割り切っているかもしれないが、境界線を侵害されている違和感が発生しても不思議ではない。美人や金持ちの方から馴れ馴れしくしてくることは滅多にない。やはり境界線を超えてくるのは難民なのである。乞食や物乞いにはあまり適切な代替語がなくて困るのだが、差別用語と言われないようにあえて言い換えるなら難民と呼ぶしかない。飢え渇く人間に対して、受け入れ難い思いをするのは人間の生理としては当然である。そのような生理的嫌悪感が、理に沿っているかという問題もあろうし、まだ何もやってないのに犯罪者予備軍と呼ばれるのが妥当なのか、という問題もあろう。イスラムから先進国に押しかける難民も、ホストやアイドルに貢ぐ人間も、同等のメンタリティであり、おそらく、貢ぐタイプの人間は、一歩間違えれば境界線のない無政府状態を招来すべくテロリストとなるのだし、そもそも普段から無償の愛を求める図々しさもあるから、扱いは極めて難しい。朝から晩までパチンコ屋にいる人間のことを考えれば、人間の不合理さは知る能わざることではなく、わかってても吊られる衝動について滔々と語る必要はあるまい。貢ぐことは、過剰な対価を無為に求める厚かましい行為であるが、それをやらない分別ある人でも、そういう悪しき種が心に蒔かれることくらいはあろうし、時たま芽吹いてしまって、その煩悶を早期に摘み取ることもあるだろう。愛に飢える難民から金を取る商法が正しいのかどうか知らないし、期待を裏切るのであるから詐欺と呼ぶのも容易いが、美人が靡くことを願う虚しさは騙される当人も承知であろうし、金を取らなくても難民は難民であり、やはり馴れ馴れしく愛を求め、隙きあらば敷居をまたいで食客やヒモになろうとするのであるから、その下劣な品性に似付かわしい対応をするしかあるまい。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング