男だって嫉妬するのになぜ女は嫉妬深いと言われるのかという問題だが、おそらく、女子の方が他人をよく見ているからである。
個人差はあれど、女子の方が周辺視野が広いというのは確かめられている。
これが小さい頃は女子の利発さ、もしくは男子の鈍くささにもなるが、女子の周辺視野の強さが賢明さに高められることは少なく、大人になると見栄もかなり出てくるから、他人が見えていることが陥穽になる。
他人しか見えてない、と言ってもいいだろう。
お受験ママが他のママと張り合うことしか考えられなくなるような具合である。
この他人を観察しすぎて、いつも他人に関心が吸い寄せられていく性質が嫉妬深いと言われるのであろう。
男でも他人には嫉妬するが、そもそも他人をよく見ていない。
子供の頃は女子のほうが利発なのに、だんだんそれが失われていくように思えるのは、やはり女子だと他人を見ないわけにはいかないのであろうし、他人の動向が刻々と通知される設定なのであろう。
その機敏な性質が、歳を重ねるに連れて、だんだんよくない方向に偏っていく。
視野が広すぎるので、他人のことが気になって仕方がないのであり、他人の偵察で頭が一杯になっているから、自分のことが疎かになる。
見栄の張り過ぎで、その虚飾の世界が架空性の色合いを帯びて、現実が見えなくなる。
女子が他人を攻撃する時に「無視」を頻繁に使うのに対して、男子が用いないのは、おそらく女子はお互いをよく観察しているから、その相互的な目線の世界からの排除が攻撃になるからであろうし、男子はそもそも他人を見てないから、無視されてるのに気づかないことだってある。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング