頭に思い浮かんだことを全部書くのは自由だが、とても読みづらいので、脱線した箇所は推敲で削らなければならない。
脱線しそうなところで脱線しないのであるから、文章表現というのは、普段の思考そのままではない。
とあるタレントについて語っていて、そのタレントの活動を紹介するとして、たとえばマクドナルドのCMに出ていたとして、ああそう言えば、とマクドナルドの原田社長の話に転じていくとすれば、それは脱線である。
調べてみると原田社長はベネッセを2016年6月に退任しているようで、ここからさらに脱線することも可能であろうが、文章でそこまで筆を走らせてしまったら、そこはすべて削除するか、もしくは筆を改めて新しい原稿を起こすことになる。
脱線していたら読めないということはあるまいが、そのタレントについての記事であるのに、途中から原田社長について長々と語っていたら、やはり変ではあるだろう。
雑駁たる文章が許されないというわけではないし、もしくは、万遍なく総花的に書き綴ることだってあるだろうが、テーマを決めているなら、そこに絞って書かなければならない。
これは読む側のワーキングメモリーへの配慮である。
とあるタレントについての記事を探し求めている読者からすると、たまたまマクドナルドのCMに出ているだけで、原田社長の話が長々と入っていたら、主題であるタレントさんの話に戻るまで、セーブポイントというか、脱線する直前の状態を頭に保持しておかなければならず、この負荷はとても面倒である。
書き手の配慮として、脱線部分は推敲するときに泣く泣く省くのである。
論旨についても、右顧左眄してはならない。
たとえばA案とB案に一長一短あるとしても、どちらかを支持する論陣を張ったほうが読みやすい。
ああいう見方もあればこういう見方もあると色んな確度から眺めて、全体をなぞって概説するような煮え切らない文章を書くことが求められるケースもあるが、そう依頼されているのでなければ、どちらかに立場を固定して決めつけて書いたほうが読みやすい。
相手の考えにも一理あるとか譲歩すると蛇足になりがちなので、そうやって予防線を張らないと危険だとか、意図的に不明瞭にしたいのでなければ、かなり断定的に書いたほうがいいのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング