承認願望というが、これは誰でも持っているものである。
自己愛こそが人間である。
だが、この全能感を野放図にするわけにはいかないので、現実の額面を問うことになっている。
自己愛の強さが現実の額面を書き換えるような不正行為に至った場合に、見苦しい承認願望として腐った死臭を放つ。

わたしが脳内では陸上のスターのつもりだとする。
100メートルを8秒で走れる脳内設定で、オリンピックで金メダルを獲る場面を空想し続けているとする。
当然ながら、これは現実において覆される。
この現実というのも地球上の生命体の設定にすぎないが、ともかくわたしが100メートル8秒で走れないことは、他者に対して剥き出しにされている。

われわれが肉体を与えられていて、その性能が固定していて、「他者」という存在に対して剥き出しになっていることが現実の根幹をなしている。
100メートルを8秒で走るというわたしの脳内設定は、「他者」から唾棄されてしまうのである。
つまり、他者を求めているからこそ、ここが壁になる。
100メートル8秒で走れることを他人に認めさせることは出来ないので、ここが大きなネックであるし、現実に立ち返るしかない。
それで断念するとは限らないし、死の灰と言うべき大地から、自分が100メートル8秒で走れるという観念が懲りずに育っていくこともあり得る。
だが、どれだけ繰り返したところで、他人から承認されることはない。
肉体の性能が固定されているからこそ、額面を書き換えられない現実がある。

あるいは、100メートルを8秒で走れると嘘をついて、誰かがそれを信じたとすれば、他人から詐欺的に承認が得られたのかもしれないが、本当に100メートル8秒で走ってみせることは出来ないから、どこかで詰むだろう。

努力によって実力の額面を書き換えることは出来るが、素質の違いがあるので限度がある。
はるかぜがいくら頑張っても芦田愛菜の額面にはならない。
まったくすごくない人が、すごい人だという自己愛を持っているのが人間らしさかもしれないし、はるかぜ親子は現実の額面を認めないで生きていくのである。
とはいえ、やはり最後に問われるのは本当の額面である。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング