「自殺してやる」とか、もう少し柔らかく「死にたい」という発言をインターネットで目にすることがある。
「死にたい」はニュアンスの幅がかなりあり、自殺予告と解せることもあれば、ただ単にネガティブな感情の吐露、もしくは自虐的な戯れ言でしかないこともある。
拙稿では、本人に強い希死念慮があるケースを念頭に置いて書くが、自殺を仄めかしている人がいたら煽り倒していいのか、というと、たぶんよくはあるまい。
「さっさと自殺しろ」とは言いづらい。
「さっさと自殺しろ」とはっきり書いて本当に自殺されたら、警察から自殺教唆とか言われる懸念もある。

岩崎友宏は「ヨッキー」というハンドルを主に用いていたが、他に「円」というのと「ihashimoto」がある。
おそらく自作自演の垢はたくさんあるだろうが、わかっているのはこの3つである。
冨田真由さんに腕時計を贈って送り返された後に、「円」というハンドルで「そのうち死ぬから安心してね」とか「死にたいって気持ちに押し潰されて死にそうだ」と凶暴な書き込みを繰り返している。
時には「死ね」を連呼したり、かなり荒れている御様子であった。

あと、これは未確認なのだが、どうやら岩崎友宏は「時計を返せ」と冨田真由さんに言っている。
だから冨田真由さんは言われたとおりに送り返しただけなのだ。

冨田真由さんはもともとはホリエージェンシーというホリプロ系の事務所にいて、ごく普通に売れなかったから契約解除となったと思われるが、そこからユーキース・エンタテインメントというところに所属して、腕時計の返却も事務所に頼んでいたそうである。
これが放置されていたので、冨田真由さんが自分で送り返したそうだ。
おそらく事件当時はこの事務所もやめていて、まったくの一人で活動していたと思われる。
以前のターゲットだった橋本愛は、ファンのブログが潰されたり、コミュニティが自作自演で埋め尽くされたりしていたが、本人に累は及んでいない。
橋本愛が「ロマンポルノ鑑賞が趣味」と言い出して、岩崎友宏は相当に幻滅したようで、ようやく荒らしも収まり沈静化したのである。
つまり、岩崎友宏はずいぶん浮気性なので、別のターゲットが見つかればそっちに行くから、フリーになった冨田真由さんはしばらく休業するのが妥当だったと思うし、活動を続行したのは異様に思える。
テロリストへの危機管理の甘さとも言えよう。

冨田真由さんが犠牲になった現在から見れば、岩崎友宏を自殺に追い込むべきだったと言うのは簡単だ。
だが、実行する前に、「自殺していいぞ」と煽って本当に自殺されたら、こちらが責任を問われてしまう。
それにこの凶暴な男を精神的に限界まで追い詰めたとしても、自殺するとは限らず、結局は冨田真由さんを滅多刺しにしていたかもしれないわけだ。
岩崎友宏、もしくはこのたぐいの人間は、善意の押し売りであるから、他人に好意的でもある。
あの時計は2万6千円するらしいが、冨田真由さんもその好意の重さにうんざりしたに違いない。
好意の押し売りを拒否されると凶暴化するのだから、本当の好人物のわけがないし、周囲も危険人物であるのは察しているから避けられる繰り返しであっただろうが、これを事前にどうにかするのは難しい。
岩崎友宏と似たような人間はネットで時たま見かけるのだが、彼らが刃物を持ち出す前に逮捕すればいいのかというと、これも簡単ではあるまい。

好意を拒否されたら自殺というロジックも謎であるが、しかし考えてみると、自殺とはそういうものである。
疎外されたから自殺するのであり、受容されたら自殺はしないであろう。
だから自殺をほのめかすのが脅しになるのである。
本当に自殺する気などないのだろうから、「自殺してやる」と言うのは「殺してやる」と同義と見做して、脅迫罪で逮捕してはどうかとも思うが、そういう私案を書き綴っても意味はあるまい。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング