きゃりーぱみゅぱみゅの現場のオタ代表が、50名の女オタを食ったという。
相手が13歳ということで逮捕された。
あらゆる興行に関して、現場で仕切る人間は出て来るが、それに横槍を入れることは運営側もしない。
何らかの悪質な事例が起こるまでは、そう簡単に動けないものである。
プロ野球に人気があった頃の話だが、応援団の横暴は多くの人から顰蹙を買っていた。
これにようやくメスが入ったのは、今から15年位前に暴力団が絡んで、応援団が外野自由席で占有した座席を高値で売るという行為があって、警察に捕まったかどうか知らないが、ともかく警察の指導があってからである。
サッカーのJリーグのサポーターとか日本代表にも変な仕切り屋がいるようだが、ここはまだメスが入ってないようだ。
ボーカルマイノリティが支配するのが世界の本質であるし、少数派の団結力で歴史が動かされていくのは世の中遍く万事が万事そうである。
たとえば学生運動の時代であれば、ノンポリの学生などいなかったかのようである。
つまり、応援団的なものは異常性というよりは、人類の常識である。
徒党を組むのを否定するとしたら、それは人類の歴史の否定である。
今回のきゃりーぱみゅぱみゅの一件はあさま山荘事件のようなものというか、現場のオタ代表の横暴が、メスを入れなければならないレベルに達した事例である。
最近のプロ野球では外野自由席がほとんどなくて、公式戦ではほとんどが全席指定となっている。
プロ野球から外野自由席がなくなったのと同様に、アーティストのライブの現場でも、様々な見直しが行われる可能性がある。
応援団に指導されるか警察に指導されるか、どちらにせよ、われわれは指導される生き物である。
世の中は嘘やお世辞や社交辞令で出来ているから、気づいていても言わないことが求められる。
文句をいうと奇人変人扱いであるから、奇人変人しか文句を言わない。
何らかの団体に指導され唯々諾々と従うことに変わりはない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング