今村雅弘復興相の件について、元の映像まで見て検討する気はないし、その価値もないだろうから、たまたま事例として引き合いに出すが、このように声を荒げるのは、最近では攻撃とみなされる。
一昔前だと、声を荒げるのはそんなにおかしな行為というわけではなく、父親が怒鳴り声を上げるのはデフォだったであろうが、ここ最近はそういうのもなくなっている。

では怒りを表明するにはどうすればいいのかというと、無言で眉を顰めるのである。
怒声とどこが違うのかというと、眉を顰めるというのは、常識人から非常識に向けられる眼差しなのである。
自分が常識で相手が非常識という図式である。
現在はこれがデフォなのである。
黙っていられるならそれだけで常識人と判定される。
露骨に眉を顰めるのに差し障りがあれば、その一歩手前の無表情(無反応)でもいいし、それによって、馬鹿が浮いているのを示す対応が常識人なのである。
ここ最近は誰もが常識人になろうとしているから、声を荒らげることはないのである。

そんなに常識人になりたいのかという問題もあろうし、魔女狩りと言うのも可能だが、やはり粗暴な出来損ないがネットを埋め尽くしており、SNSでようやくブロック出来たのだから、自分は常識人だとアピールするしか無いのである。
この今村雅弘復興相についてはよく知らんが、授業中に奇声を上げる児童と同列にされて然るべきであろう。
1947年生まれだから団塊世代だし、彼らにとって粗暴性は造反有理というべきルールであっただろうが、われわれにとって父親ではないのだから、このタイプの粗暴な爺さんには蔑みしか無い。
ただ黙って眉を顰めるしか無いし、殴りかかってきたら警察に電話するだけである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング