たいていの人は物事を総花的に飾り、言葉を丸めて、全体的なバランスを取る。実際のところ、この暗澹たる灰色の世情において、物事はAともBとも言い難く、どちらも一長一短あるケースの方が普通であるから、保身のためだけでなく、それなりに社会全体の損益分岐点を探りつつ、バランスを取って中間くらいのことを言っておくわけである。ニーチェは社会学者ではないし、それはいいことだが、あくまで哲学者もしくは文学者であるから、均衡点に擦り合わせるべく言葉を丸めることはない。ニーチェは24歳で大学教授になったはいいが、25歳で普仏戦争に志願した時に健康を損ねて、それが癒えることなく死ぬまで病に煩わされる境涯となった。この病という拷問器具に締め付けられ、神経毒に蝕まれることによって、病者の光学を発見したのである。健康な身体で社会に馴染むという人間らしさが欠損しているからこそ、厭世主義を強者の論理で克服する自己啓発的な夢想を繰り返した。この病者の光学において、人権などは顧慮されない。たとえばニーチェは貴族主義を礼賛する。これもひとつのレトリックである。ニーチェは奴隷根性を憎んでいるから、それを貴族礼賛として表現しているのである。奴隷に甘んじることへの嫌悪が根底にあるのだから、奴隷に応援歌を送るような記述も可能であるはずだが、間違ってもそんなことはしないし、露悪的な差別主義者として奴隷を徹底的に叩き潰し、人間の本質を暴露していく。どうせ発狂して心神喪失になるのだから社会的立場に配慮して右顧左眄する必要などない。CMタレントではないし文化人でもないから、一切丸めないし、奴隷への反感は徹底して尖らせている。「ツァラトゥストラ」の途中から自費出版であるから、筆禍事件の懸念がないのでなんでもありだし、どれだけ筆が滑っても差支えないので、表現を丸めはしない。物事は極端に表現してみることで、曖昧さが縹渺として広がる世界の裏側の生々しさを露わにすることもある。そしてニーチェの貴賤の感覚からすると、貴族の家に生まれたから貴族という話ではないから、自分こそが超人だと誤読することは可能であり、ボーンアゲインとして新たな自分を揮毫することも可能であるし、仮象をこの世界に真実として描けるのである。なんにせよ、読み手の側が好意的に解釈しているから、ニーチェはかなり広く受け入れられている。奴隷や弱者を糾弾する露悪的文章が、あえてヒールを演じている人類愛として読まれている側面もある。そこまで計算しているわけではあるまいが、そういうトリックスターとしての位置を確立してるからこそ、哲学書など読まない人でもなんとなく知っていたりするのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング