人間は交換可能な存在である。岩崎友宏にとって、冨田真由さんでなくてもよかったはずであり、若くて美人なら誰でも交換可能だったはずだ。それにも関わらずロックオンを外さないというミステリーである。ロックオンという単語は相思相愛の場合には使わないであろうが、もし、相思相愛をロックオンと呼んでもいいのなら、常識人もロックオンしあっている。片想いと相思相愛は線引して然るべきであるし、ロックオンというのがネガティブな言葉なら、相思相愛に用いるべきではないだろう。とはいえ、やはり誰しも特定の誰かをロックオンしているのである。だから、ひとまずこのエントリーでは相思相愛もロックオンだということにする。この世界に74億人いるとして、ほとんどの人には会ったことがない。だから、われわれは既知の誰かにロックオンして、そこからすべての理想が紐解かれる夢を抱いている。一人の人間に向かって74億人を求めているのである。婚活とかナンパで未知の相手を探し回ることはあるにせよ、そういういかがわしい目的がなければ、われわれは狭い人間関係にとどまっている。だから常識人でも、特定の親友や配偶者にロックオンする。常識人が結婚するとすれば、お互いに「この人しかいない」と思うわけである。果たしてこれが岩崎友宏と区別できるかというと、何とも言えないのである。やはり「この人しかいない」という感覚は同じである。岩崎友宏の異常性については論を俟たないだろうが、むしろ、常識人が「この人しかいない」と結婚する仕組みの方が不思議である。品定めや選り好みをしながらも、「この人」という交換不能なところに着地していくのである。いくら人間が交換可能とは言え、現実に出会ってなければ無と同じであるし、実際に人生において接した狭い人間関係こそが、具体的に肉付けされた物語なのである。想像上の人物と、具体的な人物を比すれば、後者の方に質量がある。ここにはやや欺瞞があるだろうし、代えがたい人間などいないのであろうが、いわば現実は乗りかかった船と言うか、やり直せないので、その一回性の因縁こそが真実だと思い込むのである。また、相手をかけがえのない存在と見做すのは、真剣さのアピールでもある。このような真剣さで盟約を結ばなければ、われわれは交換可能性の中に埋没してしまう。他人から真剣な好意を持たれて、代えがたい存在だと思い込まれるのは恐怖でもある。ロックオンに重みがあるからこそ、相思相愛の愉しみもあるのだろうが、あちこちでブロックされまくった岩崎友宏が、日暮れて道遠しという風情で人生を歎じながら、最後の最後に辿り着いてくる災難もある。相思相愛に限ってロックオンは許されるという常識的な考えに丸めてつつがなく筆を置くのは可能であるが、一人の相手に思い焦がれて眠れない夜を過ごすのは誰しも経験するであろうし、相思相愛になろうと契約書に捺印してから、ようやく重い腰を上げてロックオンし合うわけではない。われわれは量産された骨組みを持ったプラモデルではなく、個性的な顔を持った唯一無二の存在であるらしいが、これを成り立たせているのは、特定の相手への執着である。この執着がなければ、月明りが縹渺たる白骨の群れを照らしているだけの世界になるだろう。愛情が特定の相手に向かって焼き付くように像を結ぶからこそ人間なのだと言えよう。ロックオンされたらなかなか遁れられないのも、それが愛着の幕開けであり、その執念深い持続性こそが人生という物語の本質だからである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング