怒るとよくないとされる。
価値相対主義の時代であるから、正義のつもりで怒るのがやたらと敬遠されているのである。
その怒りが正しかろうが、暴れているDQNと同じ扱い、というより、DQNなら正義ではないから乱痴気騒ぎをしているだけで若い女が寄ってくるし、つまり、つい声を荒げてしまうような頑迷さが疎まれているのである。

かつて父親が怒鳴り散らしていたのは、家父長制の中で正義は確固たるものだったのであろうし、「どちらとも言えない」という流動性は乏しかったからである。
現在では白とも黒とも言えないような事象の羅列として世界を捉えることになっており、悪事を容認するというよりは、判断が保留されているのである。
神経症的な抑圧が衰退し、社会から厳格さが失われたが、それによって風紀の紊乱が底知れぬものとなったかというと、1980年代や1990年代は頽落したソドムの光景も垣間見られたが、これはマスメディアの影響が大きいし、少なくとも、2017年現在ではずいぶん落ち着いたように思える。
昔の厳しい時代に比べてモラルが低下したとは言えないから、規矩正しい古風な厳格さを取り戻さなければならない、ということはない。

新聞社やテレビ局は要するに、そこで働いているのはサラリーマンか、もしくは下請けであるから、命令されているだけだと弁解できるし、巨大な法人の暴走であった。
ネットが普及してから名誉毀損云々言われるが、個人は独房で叫んでいるのと同じであるし、街宣車で押し掛けているわけでもあるまいから、ご丁寧にエゴサーチしなければ見えないものである。
巨大な新聞社やテレビ局が、法人として社会を紊し、人間を蝕んでいく無責任さに比べたらたかが知れている。

モラルが失われたというよりは、むしろ個々人の立ち振舞いの問題に帰着したとも言える。
父親から抑圧されなくなった代わりに、分散的に相互監視する世の中になったのである。
何もしないうちから怒鳴り散らされて戦々恐々とする時代は終わった。
善悪よりは、人間として言動がしっかりしているか、というのが問われるようになった。
インターネットも初期の頃は、ネチケット云々と言いながら、他人に難癖をつけて謝罪させるような光景が見られたが、それもすっかりなくなった。
違反する前から怒鳴っておくというような恐怖政治は、地上からもワイアードからも消えた。
自ら愚かな行動を始めない限りは炎上することもない。
善と悪、つまり禁止されていることはやらないという次元ではなく、普段からのしっかりとした行住坐臥を重視する境地に至ったとも言えるし、これを肯定的に捉えるのも可能である。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング