小泉進次郎は何歳なのかとふと気になって調べたら、4月で36歳になっていたそうだ。
2009年に議員になってから、これまで当選三回である。

だいたい人間は35歳で頭が鈍くなるが、ここから賢明さの格差が生じてくる。
哲学者や思想家だと、だいたい40歳にならないと主著は書けない。
頭が鈍くなってようやく、思索の結果が実ってくる。
もしくは実業の世界でも、若手起業家が成功させた後に、50歳くらいのベテラン経営者に実務を任せることはよく見られる。
頭そのものは35歳を境にして馬鹿になるとしても、賢明さで補うのは可能なのだ。
加齢で誰もが賢明になるわけではないし、これは学習機能の問題であるから、経験や思索の積み重ねを叡智に高めている人がそんなにいないのも確かである。

小泉進次郎は津田大介(43歳)と同タイプであり、やたらと注意力がしっかりしているEQ優位型であるが、津田はこのところ、加齢による頭の悪さをソーシャルスキルで糊塗できなくなってるし、誰もが認める馬鹿である。
津田大介とか、ロンブー淳とか元木大介とか、この手の人間は、周囲をよく観察して早々といろんなことに気づいているが、その手回しの良さが積み重なって賢者になるわけではないようだ。
人類の叡智とは無縁の人間である。

小泉進次郎は、あれこれと察しがいいが、おそらく学習機能は付いていない。
そろそろ若手議員という枠から外れるし、年齢的に頭が悪くなる一方だから、これまで持て囃された利発さを失う過程を見せてもらうことになるだろう。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング