就寝時の夢の中で、たとえば東京から徒歩でニューヨークに出かけても「これは理屈に合わないから夢だ」とは思わない。
実際は時たま「あ、これは夢だな」と半覚醒状態で理性が働き、夢と空想の半々のような状態に陥ることもあるが、たいていは夢の中の仮初めの法則をまったく疑ってない。

たとえば現実世界で地下鉄に乗っているとする。
半蔵門線に乗っているとか、日比谷線に乗っているとか、そういう自覚はあるわけだ。
なぜそのような見当識を持てるかというと、連続的な記憶があるからである。
生きているのは瞬間瞬間であり、未来も過去もなく寸断されているのだが、物事の経緯を記憶で繋いでるから、今どこで何をやっているかという見当識が発生するのである。
これが夢となると、その連続性が無くなるのだが、しかし、仮初めの見当識はあり、東京にいるとかニューヨークにいるとか、そういう「自覚」があるのだから面白いところである。

われわれは空間の一箇所にしか存在してないから、実は三次元を体験してないし、たとえば視覚であれば二次元を三次元に置き換えているだけである。
東京からニューヨークまでは一万キロだが、一万キロでも一キロでも別の場所である。
別の場所は別の場所であり、隣町とニューヨークは同等であるとさえ言える。
だが夢と現実の違いとして、一キロ歩けば隣町に行くがニューヨークには行かないという事実があるわけだ。

徘徊している痴呆老人は見当識がないと言われるが、記憶を繋げて現実を維持する能力がないのである。
さきほどの地下鉄の事例で言えば、あなたが痴呆老人でないなら、半蔵門線に乗ったとか日比谷線に乗ったという自覚を維持しているわけであり、たとえば銀座に買い物に行く途中であるとか、乗っている目的も知っているわけである。
その根底にあるのは時間と空間であり、それが現実なのである。
夢で擬似的な現実が生成されるのは、主観としては東京とニューヨークが隣り合っていても差し支えがないということだろうが、正真正銘の現実はそれを認めていない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング