中元すず香は作曲家から見放されたという感じが強い。
室伏広治と同等のフィジカルエリートであるとしても、ただの音痴なので、中元に歌ってほしいという作曲家がいないのである。
水野由結ちゃんは人類全体のローマ法王のような人物であるし、水野由結ちゃんが健在であった頃はキラーチューンだらけだったが、水野由結ちゃんにガムテープが貼られてから、作曲家が一気に手を引いて愚作だらけになっている。

上松範康という天才作曲家が、自らの最高傑作をRoseliaに提供したので、BABYMETALは完全敗北した。
これについては前回のエントリーで長々と書いたから、ここでは筆を省くが、上松範康は水樹奈々の代表曲の多くを手がけているから、カラオケ印税だけで年収何億円もあるわけである。
腐るほど金がある人間なので、「熱色スターマイン」という生涯最高傑作は出し惜しみしていたと思うのである。

・中元すず香のコスプレをする
・中元すず香のストロングポイントであるパワーで喧嘩を売る
・「頂点へ!狂い咲け!」という決め台詞を叫ぶ

こういう馬鹿な企画は、少なからずの人が考えたのであろうが、誰も引き受けないし、実行もされなかった。
空想はしても実行はしない。

空想と現実は似通っているが、やはり本当に実行してしまう人間を見ると、やはり歴然たる違いがある。
普段は区別がつかないが、たとえばオジー・オズボーンやドナルド・トランプのような本当の革命家が現れるときにその違いが分かるのである。

Roseliaが人生に失敗した出来損ないの集まりであるのも、中元に喧嘩を売るという馬鹿な企画は誰もが断るからであろう。
誰もやりたくない企画だから、本当に馬鹿な人間だけが集まったのである。

上松範康という天才が生涯最高傑作を投下してくれるという条件であれば、何千万人も応募者はいただろうが、そんな保証はないのだし、最初のシングルの段階では、上松範康も、彼にとっては朝飯前の楽曲しか出してないから、やはり、これに参加すること自体がすごい馬鹿なので、人生に失敗したおばさんの集まりになったのも納得である。

中元すず香はオジー・オズボーンになれなかったが、Roseliaのボーカルの姉ちゃんはオジー・オズボーンである。
オジー・オズボーンはロックスターの不在を嘆くが、やはり皆さん利口になったのである。
本物の馬鹿がいなくなった。
中元すず香に喧嘩を売ってパワーで対決するという愚行を実行する人間は、これまでまったくいなかったのである。
稀に見るフィジカルエリートではあるが、音痴であるから褒めるのも難しく、腫れ物扱いで、触らぬ神に祟りなしという枠であった。

「熱色スターマイン」は水樹奈々を想定して作曲されたという印象が強いし、この大傑作があれば、紅白に返り咲くことも出来ただろうが、今更そんなことをしてもおもしろくはない。
Roseliaの姉ちゃんが本物の馬鹿であり、オジー・オズボーンだからこそ、上松範康という天才作曲家が、最終大戦の決戦兵器として、水樹奈々ではなく、Roseliaに「熱色スターマイン」を授けたのである。

さて、ここからが本題だが、Roseliaのカップリング曲を作曲している藤永龍太郎は、まねきケチャの楽曲制作者なのである。
「きみわずらい」をはじめとするまねきケチャの楽曲の多くは彼が手がけている。

まねきケチャはずいぶんポテンシャルが高いのだが、権利関係の難しさというか、プロデューサーの古谷完は地下アイドルのおじさんとしてはずいぶんセンスがあるが、上まで行くノウハウは全くない。
まねきケチャにはユニバーサルミュージックも関わっているのだが、今のところユニバーサルが主導権を握れていないから運営が拙い。
ともかく、そのポテンシャルが高いまねきケチャの楽曲をやっている人がRoseliaのカップリング曲をやっているのである。

おそらく藤永龍太郎は、これからキラーチューンを思いついたらまねきケチャではなく、Roseliaの方に提供するであろう。
まねきケチャは松下玲緒奈と藤川千愛のポテンシャルはかなりあるし、プロデューサーの古谷完も面白みがあるのだが、それ以外の大人がクソであるし、ユニバーサルミュージックが主導権を握れる見込みもなさそうなので、そろそろ見捨てられるべき時期であろう。
このまま地下で終わる可能性が強まった。

しかし、まねきケチャが見捨てられるのはわかるが、中元すず香の立ち位置で作曲家から見放されているのは本当に凄いことである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング