Roseliaはブシロードが手がけているバンドリ!というアニメの中のユニットであるが、木谷社長がずいぶん熱心にやっている企画であるらしい。また、声優が実際に演奏することに強いこだわりがあるという。声優のチョイスについては、楽器を演奏できることが最優先であるという。つまりアニメ作品を成功させることはもちろんだが、そこから派生する声優ユニットを本格的にやりたいらしいのだ。声優ユニットはおまけではなく、むしろそちらをやりたいらしいのである。おそらく木谷社長が人選にも関わっている。

バンドリ!自体はアニメとして成功しておらず、スマホのゲームの方はiPhoneだと40位くらいで、これもなんとも言えないのだが、まだまだ諦めている様子はない。

Roseliaのボーカルの姉ちゃんが中元すず香のコスプレをして露骨に喧嘩を売って完全勝利した件についてだが、これはブシロードの木谷社長が了承したはずである。
木谷社長のこだわりが、アニメそのものよりは、そこから派生していく声優ユニットにあることは前述した。
とにかくRoseliaがBABYMETALに勝つことが重要なのである。
楽曲制作をしたのは上松範康だが、アニメと連動したユニットで、作品世界をぶち壊しにしてまで中元に喧嘩を売るなんて、上松範康が独断でやるわけがない。
やはり、上松範康と木谷社長が意気投合して、こういう悪ノリが発生したのであろうし、実際にRoseliaは中元すず香を打ち砕いてみせた。
Roseliaは東京ドームまで行くだろうし、BABYMETALはもう無理っぽいから、勝負は決したのである。

ブシロードの木谷社長が新日本プロレスに金を出して立て直したのはよく知られるが、よほどプロレスが好きなのであろうし、Roseliaのボーカルの姉ちゃんが女子プロレスラーであるのも、木谷社長が人選しているからであろう。
また人生に挫折した経験のあるおばさんを露骨に選んでいるのも、やはり木谷社長の人選であると思われる。
優秀な人間を集めてBABYMETALに勝とうとするのではなく、あえて出来損ないを集めた。
これはプロレス好きの感覚なのであろう。

そもそも作品の中でRoseliaのボーカルが孤高の美少女であるのに、実際の姉ちゃんはオジー・オズボーンの再来というようなロックスターであるから、作品に忠実であるなら人選を間違えているが、しかし本当にBABYMETALを捩じ伏せてみせたのだから、実演の部分にこだわりを持った木谷社長の狙いは当たったといえる。
木谷高明は雇われ社長ではないので、ブシロードとしてやりたいと思ったら何でもできるのである。
これまでの音楽業界で、BABYMETALを仮想敵にするユニットが登場しなかったのも、本当の無一文や無能では出来ないし、能力や資金がある大企業の雇われ社長にそんな馬鹿は出来ないということもあった。
たまたまブシロードはそれができる立場なのである。
このバンドリという企画が今ひとつであることを考えると、もう作品どうこうではなく、Roseliaという歴史的なユニットを全力で売り出していくと思われる、もしくはバンドリという作品を立て直すなら、実在するRoseliaに活躍してもらうしかないであろう。

中元すず香は広告代理店を集めて話し合っているのかもしれないが、ブシロードは広告を出しまくることでウザいとよく言われるから、広告代理店も攻撃できない。
アミューズ全体としては、ブシロードより広告を出しているかもしれないが、(ベビメタが広告を出さないのに、アミューズの他のアーティストの広告出稿量に頼っているのも欺瞞のひとつだが)、何にせよ、広告代理店がブシロードに嫌がらせすることはない。
ともかく音楽的にRoseliaが完全勝利したのは明らかだし、この三年くらい、中元すず香さんはゴミみたいな作品しか提供されてない。
海外人気という間接情報で他人に劣等感を持たせるやり方に我慢の限界という音楽関係者がたくさんいたからこそ、水樹奈々の楽曲制作者に直接対決で打たれたのである。
情報のBABYMETAL、音楽のRoseliaということだが、Roseliaの大傑作を見てしまった後では、この中元というドブスが何をやりたくてこの世に生まれてきたのかとても疑問である。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング