有村悠さんがいつもの金欠に入り始めたらしい。印刷代の前借りをしているようである。同人誌でそこそこ利益はあるはずだが、赤字を承知で地方のイベントに遠征したり、川崎から近場の秋葉原でさえワシントンホテルに泊まったり、艦これに100万円を超える課金をしたり、数多の無軌道な奢侈が彼を行き詰まらせたと思われる。

このような不行跡を断ち切るために、強制的に貯金させるという対処療法はあるとしても、その強制力のために後見開始の審判まで行くのは容易ではない。

金銭感覚の話だけではなく、世界認識の在り方が問われている。有村悠さんの金遣いの荒さは、あたかも手足のない人間が電動車椅子であちこちに突撃していくような生き方である。バリアフリーでどこまでも辿り着けるという全能感ではなく、自らの手足で世界を認識し、事理弁識能力を獲得しなければならない。

空間的に別の場所は不可知とも言えるし、未来も不可知ではあるのだが、空間には地図があり、時間についてもだいたい妥当な経験則があり、予想は可能である。世界は決してバリアフリーではないので、空間認識と時間認識をきちんとした上で人生を操舵しなければならない。

われわれの地理認識はかなり拙いものである。さすがに最寄り駅への道や生活圏の土地勘はあるけれども、そこから少し外れたら地図を参照してやり繰りしている。自宅から5キロくらいの近場でも、たまたまほとんど行かない場所があったりするし、そこでは迷う。フランスに行ったことがなくても場所を知ったつもりになっているし、其の程度のかなり端折られたものなのである。決して細密画のような空間認識はしていない。

時間についてもかなり拙いはずであり、そもそも時間は現在しかないので、過去の記憶と未来の想像を直線的に繋いで見当識を生成しているに過ぎない。過去も未来も判然としないものである。それでもやはり、生活に必要であれば、たいていの人はスケジュール通りに回転している世界に合わせて、時間と空間の平仄を合わせ、適切に存在していくのである。時間と空間は幻想のようであるが、人間にとっては絶対的な真実である。時間と空間は絶対的なバリアである。この真実から目を背けてバリアフリーな言動をしていると、人生の破綻が待っている。人生が破綻したらどうしたという話もあるし、どれだけ立身栄達を遂げて勲章をぶら下げようと誰しも荼毘に付されて無に還るのだが、この文脈ではそこまで思考を虚無に這わせる必要はあるまい。人生には計画性が必要である。

東京大学に合格したことがある有村悠さんが、このような障がい者同然の人生を送っているのは憂うべきことである。嘘がバレても平気で活動を続けている連中をネットで散見するわけだが、有村悠さんの破滅的な散財は、そういう後からバレる嘘に似ていて、実は破滅というのではなく、箍が外れた図太い神経に根差した故意であるようにも思える。疫学的に見れば、だいたい母子家庭育ちはこんなものという気もするし、外に女を作って出ていった父親はかなり浪費癖があったようだし、ママンは料理をしない人である。世界認識の弱さと育ちの悪さが相俟って病膏肓に入るという印象だが、いずれこのあたりは自伝小説で綴られるのであろう。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング