2017.10.07

不倫と家族愛

川島海荷の不倫が純然たる愛なのか、お偉いさんに夜伽する娼妓のようなものなのかわからないが、わたしはただ不倫について語りたいのだから、芸能界の特殊慣行まで揣摩する必要はあるまいし、ひとまず素朴な愛であると見なしておこう。あるいは川島海荷だと事例として曖昧であるなら、例えばベッキーや矢口真里は一欠片もメリットがない相手と破滅的な不倫をしたのである。燎原の火のごとく躰の末梢神経から脳髄まで熱病のように焼き尽くすのであれば、愛としてニセモノではあるまい。つまるところ家族愛というのは人生設計の契約であるし、大恋愛が火柱を上げて蒼天まで届いたら家族の誕生というわけではあるまい。あくまで財布の共有である。このところは特に核家族となっているから、個人の権利意識も強まっており、嫁が涙して終わりではないので、正妻としての利権を高らかに叫ぶしかない。核家族というカプセルでわれわれは分断されており、親子連れに注意したら長期拘留された大学教授もいたし、高卒の警官とか無教養な母親が不審者いねえかと松明に火を灯して凶相を浮かべ百鬼夜行するまがまがしさは、いったいどちらが不審者なのかという話だが、人間理性を破壊するべく水銀が垂れ流されてるのであろうし、われわれも痙攣しながら這々の体でベビーカーから逃げまどうのである。あの核家族が垂れ流している害毒からすれば、不倫の愛の方がむしろ純粋であり、人倫として曲がってないという印象すらある。核家族という大正義。これは決して愛ではないのだし、かなり打算的な人生のパートナー契約である。もはやここまで来ると、核家族すら解体し、経済を共有するパートナーがいなくなり、ただひとりの個人として、誰とも財布を共有せず、それぞれが経済の主体になればいいと言いたくなるが、生まれてきた赤ん坊がポストに投げ捨てられ、それを税金で育てて最高の教育を与えるとなれば箍の外れたモラルハザードが予想されるし、やはり家族愛の物語に基づいて親の責任でやってもらうしかないのである。嬰児にも自然人として権利能力はあり財産は持てるが、現実には親が法定代理人として制御しなければならない。家族愛というのがわれわれの魂を錆びさせる鉄の鎖だからこそ、大過無き人生設計のために妥協した有象無象の善男善女が、禁断の快楽に手を伸ばした咎人を鞭打つのであろう。不倫などなければ、家族愛という嘘を平気で吐きながら生きていけるのに、不倫という本物の愛が家族愛というフィクションを打毀し、家族という役割の仮面を壊死させて、人間は愛されてないという明々白々たる素顔を露わにするのだから、これは悪魔が人間を蝕む悪疫であり、嘘に耐えられないわれわれに真実を教える悪趣味である。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング