この本は極めて面白い。細木数子は水商売の家庭に生まれ、そのまま銀座のママとして、戦後の混乱期にポン引きのような真似をしていたらしい。暴力団組員と結婚はしてないが、ずっと内縁関係にあった。暴力団の情婦という立場だったと思われるが、店の金を持ち逃げされたとかで、若い衆に指を詰めさせたこともあったという。恋人の手形を裏書きしたことで億単位の借金を背負わされた島倉千代子を守るという格好で1977年から三年間に渡り後見人となり、一緒に生活しながら興行権を握って食い物にした話が面白い。また高名な漢学者である安岡正篤が八十五歳でボケているときに結婚したエピソードもなかなか強力である。細木数子の占いは付け焼き刃であり、ただの無学なおばさんだが、商才というか、人たらしの才能があったのだろう。細木数子がテレビから消えたのは溝口敦に追及されたからだと思われる。これを連載していた講談社は名誉毀損で訴えられたが、訴訟は時間稼ぎであり、最終的には細木数子が訴えを取り下げたという。この本が隅から隅まで正しいわけでもなかろうし、たとえば借金トラブルを抱えた島倉千代子から巨額のピンハネをしたと記述されているが、そもそも正確な金額はわからない。溝口敦は七億五千万円と推定しており、島倉千代子が細木数子と縁を切ってコロンビア・レコードに移籍する際に細木数子は二億円を得たとされる。この合計九億五千万円という推定が事実と一致するかどうかは不明であるし、このくらいの札束が動くのが裏社会の相場とも言える。やはり人間は不安を抱えた生き物であり、特に借金取りが押しかけてくるとか、その個人としては世界恐慌である。島倉千代子の不安に付け込んだとも言えるが、悪辣な債権者への対応は細木数子もしくは内縁関係の暴力団組員がしたわけだし、細木数子がいなければ乗り切れなかった可能性だってあるわけだ。この本の後半に出てくる墓石販売についてはよくわからない。霊感商法だとして溝口敦は厳しい批判を加えている。いろんな意味で他人の不安が飯の種なのだろう。臆病者を見ると勇敢になれる心理もあろうし、細木数子は不安な人間たちを見透かし、そこに食い込んで悪魔的な図太さで生きてきた。戦後は高度経済成長と同時に、ヤクザが派手なヤクザの格好をして平気で歩いていた時代だった。ソビエト連邦も健在であったし、軍艦マーチを奏でる右翼の街宣車は日常的な風景であった。現在よりギラギラしていた粗暴な時代背景であり、コンプライアンスの概念も乏しかったから、裏社会の魑魅魍魎が表側とも関わりを持っていた。細木数子はそういうダーティな部類の人間の典型だったのだ。そもそもそういう旧悪がボロボロ出てきたのは、細木数子が銀座のママの頃の武勇伝を自伝に書いていたからであるし、さほど秘密にしていなかったからである。溝口敦も自伝を手懸かりに取材しているが、細木数子も過去の自伝出版を悔いたか、あるいは時代の変化に慄然としたか、ともかく昭和の黒歴史の痕跡を残していたことがコンプライアンス社会において致命的となり、テレビから消える羽目になった。たとえばビートたけしなどはフライデー襲撃事件からテレビ復帰したときに街宣攻撃を仕掛けられ、手打ちとして右翼の関係者とお友達になったはずだが、これはタブーであるし、そもそも事実が不鮮明である。たけしは未だに支障なくテレビ出演しているのである。たけしは右翼に取り憑かれた被害者であるから、細木数子と同一視はできないが、そのような黒い取引が必要な時代だったのである。問題の自伝である「女の履歴書」は1988年に出版されているが、バブル経済の狂宴というべき時期である。昭和天皇が崩御したのは1989年の一月七日であるが、まさに昭和の裏社会が清算される手前であった。細木数子は戦後の混乱期の愚連隊がそのまま生きているというか、暴力が野放しになっていた昭和の裏面史を体現している人物でもあるが、暴力性が容認されていた昭和の最後に武勇伝を書き綴り、視聴率女王として悪目立ちしてから、その昭和時代に綴ったメモワールが照魔鏡として魔女の素顔を映し出し、21世紀のコンプライアンスにより追い詰められることになった。昭和という時代を一言で言い表すなら暴力ということかもしれないし、時効という弁明も可能であろう。だが、ヤクザの世界に浸かりすぎて足を洗うことなど出来なかったと思われる。われわれは寸毫たりとも真相は知らない一般人であるから、本当の真偽は不明だが、深く考えても仕方あるまい。おそらく大雑把には事実に近いのであろうし、細木数子はヤクザの女として暴力団関係者と接点が深い人生を歩んできたのである。仔細に渡って真実ばかりではないにしても、溝口敦は暴力団関係者にも取材して書いてるし、そこで得た話が事実とも限らないが、かなりの力作と評して差し支えあるまい。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング