わたしはこのところはるかぜ親子の観察をかなり懈怠しているから、あくまでわかりやすい事例として引き合いに出すのだが、自分が間違っていても言い返す人間がいるわけである。はるかぜババアはその典型だが、このババアだけの問題ではない。

素朴な喩え話をしてみるが、たとえばどこかに電車で行こうとしている人がいたとする。それを端から見て「タクシーの方がいい」という合理的な説明をしたとする。複数人で乗れば意外と高くないとか、電車だと遠回りでもタクシーなら近いということだってある。あるいは重い荷物の持ち運びを伴うなら、タクシーの方がいいことは時たまある。
この場合でも「電車の方がいい」と言い返す人間がいるわけである。「その重い荷物はどうするんだ」と言っても、「これくらい軽い」と言い張ったりするわけだ。
あくまで喩え話だから、電車とタクシーの比較論がしたいわけではない。たいていは電車の方が便利であるから、タクシーを頻繁に使うのは阿呆である。時たまタクシーの方が便利だというのがあり、そこが盲点になりがちだから喩えとして言ってるのだ。盲点を指摘されたときに「なるほど」と他人のアイデアを採用する柔軟性の問題である。

何でもかんでも言い返す病気に感染している人がおり、これはたいてい生涯通してまとわりつく痼疾である。
はるかぜババアは頭が悪すぎるので、言い返す内容に無理がありすぎるから欠点として顕著になるが、もう少し頭が回れば別の意味で厄介ということもある。

一言で言えば気性が激しい人間ということになるが、「言い返す」という行動が、マウント的に合理的であることもある。DQNであれば自分が阿呆なのを承知でクソみたいな言い返しをすることもあるだろうし、それでマウントが取れることもあるわけだ。猿知恵とはいえかなり強力である。人生で得をするための合理的行動とも言える。

こういう人が破滅するとしたら、やたらと反発する行動法則が、不合理な選択の累積となって跳ね返るからである。
無茶な言い返しをすること自体はマウント的に強いと言えるが、それを無茶な行動に繋げると、ツケが回ってくる。
だから無茶な言い返しはしても、現実に無茶はやらないというのが利口なのだろう。
そういう人物というと津田大介が思い浮かぶ。あの人間モドキは亀田一家のような言い返しをするのだが、その無茶な発言を行動に移すことはない。支離滅裂な言い返しで相手をマウントしつつも、その勢いで現実に無茶な暴走行為をして破滅するようなことはない。行動そのものは至って凡庸であり、危険人物と言われることもないわけだ。人間モドキが人間の女を何千人も抱いたり、われわれの通貨を溜め込んで遊蕩してみせるのだから、すごいといえばすごいのだろう。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング