思い付くと思い浮かべるはほぼ同義語のはずである。だが、日本語のニュアンスとしてはやや違っていて、 思い浮かべるだと、ただの心象風景の話だが、 思い付くというのは、犯罪や暴力のような露骨な悪い意味ではないにしても、それを実行に移す軽はずみな意欲の湧き上がりを含意している。「思い付きで行動する」という言い回しでよく使われる。おそらく落ち着きがない人間に向かってよく投げ掛けられる言葉である。新しく思いついたことは鮮度が高く、飽きるのと対極というか、新製品ならではの煌きが魅力なのである。そういう瞬発力を頼みにしている様子が馬鹿ということなのである。定型発達者と発達障害の違い、もしくは多動性の有無という区別も出来そうだが、おそらく落ち着きがある正常人は、いろいろと思い浮かべつつも、実行とは切り離している。「思いついたときにやっておかないと」という論法を用いる人がいるが、そのような勢いで物事を片付けるのは、要するにサボるときはいくらでもサボるのだから悪癖である。有村悠さんが蔑まれつつも、時に妬みの対象ともなるのは「やる気が出ない」という自由人ならではの言動を繰り返しているからであろう。世の中の正常人は命令や依頼に従って行動しているのであり、たとえばクロネコヤマトの配達の人が、気分次第で配達したり、配達をサボるということはないのである。「やる気がある/やる気がない」という人間的な欲求を阻却されながら生きているわけだ。頭の中に思い浮かべているスケジュールはあくまで他人次第であり、大袈裟に言うなら自己疎外であるし、自由意思は一欠片もない。有村悠さんの気分次第の言動はADHDの典型であり、有村悠さんが後生大事にしている「自分」というのはまったく価値がないし、この生ゴミはすえた臭いを発して、直に接した人は誰しも鼻が曲がるような吐き気を経験し、その場で嘔吐しなければマシというくらいの責め苦を味わう。東大東大と騒ぎ立てるママンのせいで人間の自由を根源的に奪い取られて高卒になったから、誰の言うことも聞かず好き勝手に生きているのは、自由を奪還するための抵抗運動のつもりらしい。日が昇れば農耕に出掛け日が没すれば寝床に戻るという古来よりの仕組みから逸脱し、自らの心が翳ったり晴れ渡ったりするのに任せているわけで、いつの時代にもいる瘋狂人と言えばそれまでだが、昨今は個人商店のようなやり方もほぼ消えており、隅から隅までマニュアル化された社会であるから、そこに有村悠さんのような落伍者が自由人として蹌踉し、すべてが気分次第という赤ちゃん返りの境地を体現してみせるのは、他人の都合に合わせて存在している正常人を激昂させるに足るようだ。誰よりも自由を与えられているのが有村悠さんの実態だが、現実社会に手を伸ばそうとするたびにママンが見えない鉄格子として立ち現れ、荊棘が叢生する牢獄から遁れられない、ということらしい。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング