https://twitter.com/lp_announce/status/993895869459062784
hikosshi00.png
hikokoshi01.png


わたしはもちろん内情について知るわけではないが、ごく普通の想像として、100歳過ぎまで生きていた母方の祖母の年金が有村家の収入源だったと思う。
(有村悠さんの本名は坂口拓二だが、なぜか本名を憎悪しているらしいので、これからも有村家と呼ぶことにする)。
わたしは有村悠さんの祖母の年金についてまったく知らないし、傍証すらないのだが、さしたる収入源も見当たらないし、やはり祖母が100歳過ぎまで生きていて、充分な金額の年金を貰っていて、それが有村家の生活を支えていたと想像するのが妥当であろう。

相続税は少し前だと四%の人しか払っておらず、法改正で基礎控除が減額されてからもたぶん六%くらいである。
法定相続人が有村さんのママンだけだったとしても、3600万円は基礎控除があるから、おそらく相続税を支払うレベルではない。
相続税は死亡から十ヶ月で払うことになっており、2017年7月に祖母が死んでだいたい十ヶ月目であるから時系列は合うが、やはり3600万円を越えていることはないはず。

ママンに兄弟姉妹がいて、そこと相続で分割したという想像もできる。
あるいは、ママンだけが相続したとしても、肝心な祖母の年金がなくなったのであるから、生活を切り詰める必要があるだろう。

なんにせよ、祖母の年金うんたらは想像であり、とりあえず妥当な想像だとは思うが間違いかも知れないので、これ以上長々と書いても仕方あるまい。

引っ越しということだが、有村さんは相変わらずママンと同居すると思い込んでいるらしい。
というより、ママンからもそのような話があったようだ。
金銭的困窮が原因だとすると、ママンが生活保護で、有村悠さんはボロアパートで一人暮らしというのが妥当だと思われるが、このあたりは謎である。
二十年前に東京大学合格発表の掲示板の前で胴上げされた時は、こういう人生は予想だにしなかったであろう。
有村悠さんは人生そのものがサナトリウム文学という御仁であり、直に接した人からは蛇蝎のごとく嫌われているが、遠くから見ているわれわれからは絶大な人気がある。
経済的な問題としてママンとの決別を迫られる展開もありえるが、われわれは非常に遠い処から帰趨を見守るだけである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング