負けず嫌いとか人格障害の文脈の話だが、反則負けを狙う業病になっている人がいる。負けるとしても反則負けなら格好がつくし、無効試合みたいなものである。だからたとえば有村悠さんのような頭の悪い人はいつも反則負けを狙っている。怪しい歴史知識を凶器のように振り回しては反則負けで意気揚々と退場していくわけだ。反則負けは勝ちに等しいということらしい。有村悠さんは東大文学部西洋史学科中退なのだが、東大を退学処分になっているわけで、さすがに歴史学において完全敗北だと思いきや、あくまで不登校による中退だからガチで負けたわけではないらしい。美人東大生に告白して面罵されて不登校という経緯からして、田舎のガリ勉が東大で詰んだということだろうが、決して東大文学部西洋史学科で勉強したわけではないので不戦敗なのだ。ガチで戦うと負けるのがわかってるから反則負けを繰り返している。たまたま有村悠さんというわかりやすい事例で話しているが、世の中にはこうなってしまった人が少なからずいるのである。対処する方法はないので敬遠するしかない。反則負けを狙う人間と争って勝ったとしても、反則勝ちとか不戦勝にしかならないので不毛である。それこそ東大を優秀な成績で卒業した人でさえ、有村悠さんに反則勝ちしたに過ぎない。不戦勝は本当の白星だろうかという疑義をうまく利用している。狡猾に戦わずして勝った卑劣漢もいれば、東大できちんと勉強して有村悠さんに不戦勝した人もいるわけで、不戦勝は多種多様である。有村悠さんが土俵に上がればエリート東大生に捻り潰されるだけなのだが、早々と不登校になっているから、まだ本気を出してないと言い続けてるし、反則負けのヒールとして偉そうにしているわけだ。勝敗は明らかというのは容易いが、東大卒だと他の人類全てに勝ったのかというとそうではあるまい。いちいち勝ち負けを決めるのが不毛だということになるのだが、有村悠さんはここをうまく利用しており、エリート東大生に反則負けしただけだと主張しているのである。もし東大文学部西洋史学科を卒業している人が有村悠さんの怪しい歴史知識を論破しようとしたとしても、有村悠さんはミスターサタンのように不戦敗か反則負けを狙ってくるだろうし、しばらくすれば不可解な勝利宣言をするわけである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング