大学教育無償化の件だが、幼少期ならまだしも、文盲の十八歳に高等教育をくれてやるのは、骨端線が閉じている大人の身長を改造手術で高くするような無理筋であり、いわゆる有識者の根城である大学そのものを延命させたいのであろうし、底辺DQNとして社会の風紀を紊乱する匪賊と、ポストに飢えている学匪の利害が一致したのであろう。まず根本問題として低学歴は必要であり、低賃金労働という人手は社会に欠かせない。低賃金で普通のことをしっかりやってくれる人材は必要なのである。注意力や言動の安定性が肝要だから、高等教育より感化院を整備しなくてはならない。需要があるのに低賃金なのは稀少性がないからであるし、安いからこそ求められるのでは人生にも限界があり、高等教育に手を伸ばそうとするのだろうが、やはり高等教育の普及で知性が百花繚乱と咲き誇るはずもなく、学がない半端者を増やすだけである。専門家なのに意外と詳しくない人は世の中にたくさんいる。専門家も専門的な単純作業に忙殺されており、たとえば薬剤師の仕事の多くはアマゾンの倉庫作業と大差あるまいし、実のところ無知でも差し支えないわけだ。あるいは医者であれば患者を診ているだけマシかもしれないが、これも専門的な単純作業になりがちであろう。専門家を量産すれば余った人が暇を持て余して勉強するかというと、やはり余るのはレベルの低い人であろうし、あまりよいことはない。俗事について弁護士や司法書士の先生に知見を求めても、こちらが付け焼き刃で調べたことと大差ないこともあるし、自分の陥った問題はいろいろ調べるから患者の方が医者より詳しいこともよくある。うちの近所には評判のいい歯科医が一軒しかなく、そこは患者が鈴なりで満杯だから、やむなく乱杭歯のように立ち並ぶ低レベルな歯科医の何処かに窮民として辿り着くのだが、莫迦のオールスターというか、なぜ揃いも揃ってこんなに腕が悪く見立てが悪いのか不可思議である。これだけ専門家がいるのに賢明さというか見識というか、学がある人がとても少ないのである。教養人がメディアの走狗たる文化人に堕したことで、知識の虚しさは露呈され壊死したが、やはり戦前の教養ある人物は極めてレベルが高いし、滅びたとはいえ彼らの遺灰は価値が違うのである。たくさんの人を高学歴にするとレベルが下がってしまうので、少数精鋭の方が望ましい。話を戻すが、普通のことをしっかりとやれる人材は必要なので、低賃金で諦めてもらうか、もしくは格差を減らすべく最低賃金で工夫することになるだろう。同一労働同一賃金の発想はよいし、大企業の正社員の能力が非正規と大差ないとしたら、その格差は埋めなければならない。ともかく単純労働者は増やす必要があるので、根絶やしにしようとするのは阿呆と言うしかなく、エリートの粗製乱造くらいに可笑しなことはないので、悪貨を増やすなというか、法科大学院の轍を踏んではならない。頭の悪い人間が専門家になれば害悪であるし、貧困の連鎖は個人の不幸だが、高学歴の連鎖は人間知性を蝕む後難となるから、普通のことをしっかり出来たほうが遥かに素晴らしいという認識を持たなければならない。それに、婚活おばさんでもなければ、専門家と単純労働者に優劣を付けても仕方あるまいし、本当に着目すべきは同じ専門家でもかなり腕前の差があることなのである。結婚が人生最大の目的で、その手段として正社員や専門家を目指すというのでは腕前に関心がなく、天命を知ることから遠いのも致し方あるまい。だいたいわれわれが本当に結婚したがっているかかなり疑問であり、為政者や役人や記者クラブによって結婚願望が捏造されている側面もある。独身でなければ物事を極められないというのは古来からの真実でもあるし、独身貴族という言葉は伊達ではない。論旨がぼやけてきたのでひとまず筆を置くが、半端な専門家はいなくていいし、単純労働者の方が必要なのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング