黒柳徹子は発達障害者がうまく受け入れられた事例であるが、腹黒くないイノセントな人物という立ち位置を得たのであろう。発達障害者の生存戦略として「悪気がない」ひょうきん者という生き方があるが、黒柳徹子はそのパターンである。これは昭和時代であれば普通のことであり、変わり者がそれを治すよりは、目立ちたがり屋の人気者を目指したわけである。面白い人気者になろうとしてつまらないことを繰り返す失敗例も多々あろうが、バカが許される時代でもあったのである。また「悪気がない」ことへの肯定的な評価は神経症の時代という背景もあった。いろいろと魂胆があるような計算高い世渡り上手は好かれなかったのである。人間の魂胆というのは、あるといえばあるし、無いといえば無いものである。魂胆というのはたいてい実現しない。実行の初期段階で頓挫することを未遂と呼ぶなら、その未遂にすら至らないのが大半である。どれだけ邪悪なことを考えていたとしても、考えただけであれば現実世界に血痕を残していないはずだが、神経症的な価値判断としては、頭の中で悪事を企んだだけで汚らわしいとなる。今の世の中だと内面より現実の言動が重視される。そもそも自分自身でさえ、自らの魂胆についてどれだけ本気なのか判然としないのである。内面を神経症的に思想調査するよりは、言動をきちんとした方が適切なのである。コンプライアンス社会では、目立ちたがり屋への風当たりが強いし、天然キャラは好まれない。阿呆が勝手に事故死することさえ赦されない。スポンサーがうんたらで誰かが管理責任を問われるのだし、ロックスターという存在そのものが危殆に瀕している。悪気がないという理由で変人が愛されるというパターンはなくなったのである。黒柳徹子については、すでに社会的立場を築いているし、大金持ちだからこれ以上の金銭は必要ないであろうし、つまり金持ちは銀行強盗をしないというか、大企業の正社員と同じ意味で信用はあるが、もし黒柳徹子に社会的立場がないとすれば、いきなり変なことを思いつきそうで怖いし、素っ頓狂な奇声を出す危険なババアとして敬遠されることになろう。頭のネジが抜けている人間が、笑われる側から笑わせる側へクラスチェンジしようという試みは、以前なら愉しんで見てくれるギャラリーもいたが、もはや挙動不審者の芸を楽しむ時代ではない。今日の価値観に照らすとそもそも悪気がないというのは、狡猾ではないという程度の意であり、軽率の誹りは免れない。浮世離れしていて損得勘定がないような天然気質は、かつては善良さと見做されたが、社会全体のコンプライアンスの向上の中で、だんだん悪人のカテゴリーに入ってくるようになった。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング