東浩紀のゲンロンカフェがゴタゴタしているらしく愚痴ツイートを繰り返している。御本人が仔細まで述べてないから、言葉を濁している部分は想像で補うしかないが、社員に「裏切られた」らしい。横領ではないそうだが、何かしら経理面で杜撰なことがあったと思われる。そこそこ人望のある社員だったが、裏の顔があったらしい、とかわたしもよくわからんが、ともかく、このところ東浩紀は尻拭いのため経理のお勉強に忙殺されているそうだ。ゲンロンは閉鎖しないそうだが、ひとまず規模の縮小というか、今まで社員が九人だったのが四人に減るそうだ。東浩紀は筑駒で二番だか五番だかの成績だったのが御自慢であり、秀才ではあるのだろうが、ソーカル事件(ジャック・ラカンの高等数学の知識が出鱈目だと理数系の大学教授に晒し上げられた事件)の影響で、フランス現代思想の知識がむだになってしまった。東浩紀は天才でも何でもないから、その学識に疑義が呈されたとなればただの無知である。財務官僚になろうと思えばなれていたのだろうが、いまさら経理のお勉強をしているようでは、そこらの阿呆と大差ない。思想のお勉強が無駄になるというのはマルクス主義の学者もそうだったのだろうが、むしろマルクス主義なら思想そのものは面白そうだし、フランス現代思想は同じデタラメでもレベルが低い。「ぼくひとり儲かっても人文知の復興はないからって発想で、ゲンロンではあえてそういことやってなかったんですよね。でももうぼくも自分の利益だけを考える年齢かもしれないですねー」という発言もしているが、東浩紀のようなセミプロはネットの害悪のひとつである。たとえば初音ミクでも、最初はアマチュアの文化だったのが、だんだん食えない音楽家の発表の場となった。いや、アマチュアよりセミプロの方が優れているのだろうし、そもそも他人の表現活動を禁じる権利などないのだが、職業的なセミプロよりは純然たるアマチュアの方が面白いという側面もある。発表するのは自由だから、それを阻止するという話ではないが、セミプロは技術はあっても所詮はプロの二軍だし、それに似つかわしいつまらなさがある。たとえばアマチュア枠の有村悠さんの方が、ロックスターとしてわれわれを楽しませているし、これぞ高卒レベルという日本史の知識をツイートしているのも、いずれ、いずれ、いずれは大川周明のような碩学になるための苦難とも言える。東大で西洋史学を専攻したら退学処分になった経緯を考えるに、日本史に挑戦しても結果は同じだろうが、しかし、しかし、アマチュアならではの面白さというのもあるわけである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング