知性というのは、なぜか人間の根源的なコンプレックスである。容姿がまずいのと、頭が悪いのとでは前者の方が明らかに苦痛であり、知性など夾雑物に過ぎないはずだが、これは快楽主義的に生きていける場合の話である。重苦しい現実において、頭のよし悪しは燻り出されるし、概して育ちが悪いと頭が悪いので、ここが鈍痛のように長患いする怨恨の根源ともなりうる。育ちの悪い人間は知性をコケにしようとたゆまぬ努力を続けるが、これは美男美女への嫉妬とはまた別であり、快楽主義が消し去られていく現実の重みである。たとえば腐るほどに1万円札が積み上がっていて快楽主義を謳歌出来るのなら、それこそ知性など本当に必要がないのであるが、やはり楽園を追放された衆生が集まるギスギスした俗世間においては知性が重要となる。育ちが悪いほど快楽主義になるが、金がないので、快楽に溺れるとなれば破滅的な人生になってしまう。快楽主義の挫折が現実だとするなら、知性の軛を遁れて桃源郷をひらひら飛び回ることはありえず、この有象無象が張り付いている大地に繋がれるのみである。美男美女に嫉妬するとすれば、つまり美男美女として恋愛を享楽することに憧れているわけだが、知性への嫉妬の根底に学問への情熱などあるまい。決して知性がほしいというわけではなく、むしろ文字など読みたくないのであろうが、文明社会の力学に取り込まれているからには知性を避けられず、そこで葛藤が生み出される。ややくどく言うと、「セックスがしたい」のと「勉強がしたい」のとではまったく異なるわけであり、育ちが悪ければ勉強など決してしたくないのだが、文明社会がそれを許さないのである。このような育ちの悪い輩への配慮として、知性など無意味という論が展開されることがあるが、これはつまりユートピア思想である。いつまでも遊んでいられることはなく、苦痛だらけの現実では知性がなくてはならない。ともかく、こういう現実の重力からして、勉強嫌いなのに知性が欲しいという奇妙な願望が生まれる。あるいは、社会性でなんとか世渡りするとしても、最後には知性という見栄が欲しくなったりする。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング