https://twitter.com/lp_announce/status/1126201366118932480

hanoshinkei.png

これはわたしも以前から気になっていたのだが、有村悠さんは自撮りで決して歯を見せない。精神だけでなく口腔も魔窟のごとく蝕まれていることは容易に察せられたが、恫喝されても怖いので指摘は控えていた。学生時代の鬱がどうこう言っているが、東大入学まで健康優良児だったとは思えないし、欠損家庭は歯も欠損しているという法則通りなのであろう。エリート東大生のキラキラした歯列とは対極的なのである。九州の田舎者の歯がボロボロというとシンナー疑惑も持たれるところだが、典型的な教育ママとガリ勉というか、刻苦勉励して東大合格という経歴からして、それは考えづらい。やはり母子家庭は母子家庭であり、父という頭部がもげた状態で、壊死を待つまでの断末魔として蠢いている。東大に入学すれば薔薇色になると思っていたのだろうが、人間は生まれ変わることは出来ない。歯の神経がないと言っているが、きちんと神経を抜いて消毒したとは思えないし、死んだ神経が遺棄されたままであろうから、腐乱死体のように細菌が繁殖する苗床になっていることは間違いない。重度の斜視であるし、他人の話を理解出来ない聴覚障害もあり、目も耳も口も難があるとなればいわゆる三重苦だが、ヘレン・ケラーとは真逆である。ヘレン・ケラーのような人間ばかりでもつまらないから、有村悠さんのような人間がいてもいいのだろうし、令和元年六月十一日で四十歳になるわけだが、三十九歳で死んだ太宰治の享年を超えることについても、なんというか、ただ単に頭が悪いから東大を退学処分になっただけで、太宰治のような文学者になれなかった、という人がいたほうがいいのだろうと思う。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング