https://mainichi.jp/articles/20190515/k00/00m/040/310000c
作家・百田尚樹さんの著書「日本国紀」(幻冬舎)を批判する投稿をツイッターでしたことで、「幻冬舎から刊行予定だった文庫本を出せなくなった」と作家の津原泰水(やすみ)さん(54)が訴えている。既に幻冬舎から単行本で発売されている津原さんの小説が今春、同社から文庫化される予定だった。が、作業が大詰めとなった今年1月、同社の担当編集者から「(日本国紀の)販売のモチベーションを下げている者の著作に営業部は協力できない」と伝えられたと主張する。幻冬舎側は毎日新聞の取材に、「文庫化を一方的に中止した事実はない」と否定する一方、日本国紀への批判をやめるよう津原さんに働きかけたことは認めた。【大村健一/統合デジタル取材センター】


この種の問題について考察する場合、ステレオタイプ的に理解するか、細かい枝葉のところまで検証するのか、というのがあるだろう。たとえばこの切られた作家は専業作家であろうと思うが、もしかすると公務員が兼業として作家をやっているのかもしれない。そういう事実誤認で足をすくわれることもあるのだが、そもそもわたしはこの作家について興味もないし、プライベートの問題は調べようがない。それに、この作家はさして人気がないにしても、幻冬舎に依存しているわけではなく、むしろ幻冬舎以外での仕事が多いし、大半のまったく売れない小説家と比べたら、そこそこ売れているという中途半端な立ち位置だと思われるが、そこまで勘案すると逆に難しいので、ひとまず「売れない専業作家」と決めつけた上でステレオタイプに考えるのが妥当であろう。

売れない作家が百田尚樹にケチを付けたら、幻冬舎の社長がこの作家と縁を切った上で、実売部数を晒して屈辱を与えたということで、これが炎上の理由であるが、とはいえ大規模な油田火災にならないのは、やはりフリーランスの作家なのだから表現の場所はどこにでもあるし、そもそもこの作家は、幻冬舎と縁が切れるのを承知で百田尚樹を批判するべきだったからだろう。被害者気取りはどうか、というモヤモヤが多くの皆さんの中にある。自由を謳歌する代償を払う気がない人間、ということになるのだろう。ノーダメージで自由を欲しがる。戦後左翼の甘えという印象を受けるし、左翼がこの作家の味方をしているのも、そういうお仲間なのだろう。

フリーランスと言ってもいろいろあるが、多かれ少なかれ人間関係で仕事を貰っているという側面はある。この人間的なつながりを人脈と呼んで、その「絆」を恃みにするのもいいが、いわゆる非正規雇用である。コンビニのバイトなら、クビになったら別のところで働けばいいというか、良くも悪くもひとつの店にしがみつけないので、作家業はそういう非正規雇用でもないのだが、ホワイトカラーの潰しが効かない問題と似ているかもしれないし、電気工事や溶接ができる人とは違って、リストラされたら困る、ということだろう。ともかく、引っ張りだこの小説家なんてごく一部なので、この人はマシな部類だろうし、たいして幻冬舎に依存してないのだから、わざわざ小物を演じて百田尚樹という「大物作家」の被害者になるアングルはやや疑問があるが、とはいえ、御本人もお仲間もそういうステレオタイプな理解を望んでいるようだし、それが丁度いいという印象である。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング