2019.06.04

不適応と淘汰

D2tQEnXXcAAO7_E.jpg

熊沢英一郎さんが元事務次官の父親から殺害された事件について、この父親に共感するのは明らかな危険思想である。熊沢英一郎さんは何しろ元事務次官の息子なのだから、どこかしら使い所はあったはずである。東京大学で最上位の頭脳の遺伝子を引き継いでいるわけだ。九州の山奥でガリ勉ロボットとなり、東大に辛うじて合格という具合だとパラリンピックだが、事務次官まで行けるならオリンピックの金メダルである。熊沢英一郎さんが欠陥人間なのは確かだが、その欠陥に着目し烙印を押して疎外してきた社会がこういう悲劇を生み出した。hagexを殺害した低能先生みたいな凶行もあったが、この手の人が現実に刃物を突きつける確率がかなり低いのも確かである。低確率のテロリズムの可能性がある引きこもりのネット弁慶が大量にいるのだから、つまるところ、母数が多いだけの話である。引きこもりが本当に通り魔を犯す確率は低いのだが、引きこもり自体が多いので、犯罪の実行が多いという錯覚が生まれる。あるいは、この手の人間が犯罪で捕まると、ネットで荒らし回っていた生活歴が露呈するので、その書き散らされた支離滅裂な言葉が危険人物という確信を補強してしまうのだが、自ら吐き出したものであるとはいえ、裏側での暴言を録音されたのに似ていて、人間そんなものだと達観するのも可能である。われわれが直面しているのは、引きこもりの犯罪率ではなく、母数がやたらと多いことなのである。不発弾があまりにも多すぎる。山奥の母子家庭でガリ勉して東大にギリギリで合格・不登校・退学という人であれば矯正不能という判断になろうが、熊沢英一郎さんは父親が東大で最上位なのだから、どこかに社会的ポジションを与えるほうが建設的だった。われわれの社会は、就職できない理由をたくさん考え出して人間を排除して、完璧でなければ生きる資格がないという思想を広め、引きこもりを増やしてきたわけである。失格の烙印を押して引きこもりの母数を増やしてきたことが、これからの生活保護問題でも重くのしかかる。たとえばロイヤルニートとして名高い小和田雅子さんという人がいるが、引きこもりだから小和田雅子さんを排除するという考えもあろうし、どうにか皇后にして機能させようという考えもある。思想には自由があるから、小和田雅子さんは永遠に引きこもり状態が似つかわしいと主張してバッシングしても差し支えないのであるが、わたしはそれは愚見であろうと思う。世の中に適応できずに立場を失った人を叩き潰すという発想もあれば、立場が人を作るという方向性で解決する策もある。熊沢英一郎さんについては、事務次官の頭脳を引き継いでいるのだから、安易に排除するよりは、使い所を考えるべきであった。他人を不採用にする理由だけはいくらでも思いつくわれわれの社会が引きこもりを大量生産し、生活保護の負担を増大させている。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング