コロナウィルスは世界的な悪疫ではあるが、エボラ出血熱が流行っているわけではないから、意外とたいしたことはない。インフルエンザより死亡者は多いであろうから、軽々と扱うわけには行かないが、ともかくエボラ出血熱ではない。検査が絞られ、疫学的調査が中心となっているから、いわば魔女狩りのようになっており、不安が増幅している。自分が感染するのが怖いのではなく、他人にうつしたら厄介なのである。これによって、本来なら黙殺するべき他人の愚痴愚痴した感情が、われわれの内部に侵入してくる。不景気による倒産ならいくらでもあるし、普段から黙殺しているのだが、このような世情では他人にいちいち同情しなければならず、この同情がわれわれを蝕んでいる。そもそも気の毒な人というのはルサンチマンの徒であるし、他人を恨んでいる卑しい連中であるから、共感を寄せる筋合いのない相手なのだが、不幸の手紙のようなウィルスが跋扈しているので、われわれは半端な慈善家として迂闊な同情を垂れ流している。世界人口が77億人いて、そのうち100万人は死ぬであろうし、ノーガードならさらに増えるが、人類の絶滅が懸念されるような病気ではない。エボラ出血熱は今のところ血液や体液での感染が大半であり、流行しても年間の死者は世界で一万人くらいであるが、コロナウィルスはやたらと感染力が強いので、われわれはお互いに相手の苦悩を背負っている。そして経済苦の愚痴が跋扈し、物乞いが溢れている。あと数年すればなんの変哲もない病気になるはずであり、ある意味、われわれは古来からの疫病を物珍しく体験させてもらっている。他人に同情しなければ刺されるかもしれないが、それもやむなしと腹を括らなければならない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング