自分の唾液をいつも口の中に入れて人間は生きているのに、なぜ他人の唾液を汚らしく感じるのか、という疑問がある。普段はこの謎に答えられないが、現在だと、他人の唾液にはコロナウィルスが混ざっている可能性がある、と説明できる。以前からわれわれは飲食店を不衛生だと認識しているが、いわば電車の吊り革のようなものであり、気にしているとキリがないから利用していたのである。警戒レベルを下げないと人間は生きていけないからである。だが、コロナウィルスが流行して警戒レベルを上げてから、その不衛生さが本当に疎ましくなっている。飲食店が閑散としているのは風評被害ではなく、普段からちょっと不衛生だなと思っており、その不衛生さに間違いはないから、やたらと感染力が強い疫病が蔓延している状態においては本当に行きたくないのである。実際は店がガラガラならさして問題あるまいが、他の客が来ないとも言えないし、どうしても外食が必要というわけではないので、お互いがウィルス兵器となる場は敬遠しておくのが妥当である。実際はコロナウィルスは感染してもたいした病気ではないが、なにしろまともに医療が受けられないので、感染すると難民化するから厄介である。感染したら確実に重態になる病気であれば患者が動き回れるはずもなく、こんなに感染はしないはずだが、微妙な匙加減でこの中途半端な病気が広まっていくものだから、必要以上に、いや、医者にコネがない身分の人間としては、極めて差し迫った危機として飲食店を忌避するしかない。無言で食べる店ならまだいいが、ワイワイやりながら飲み食いするとなると、各人が唾液を撒き散らして室内をウィルスで埋めているようなものである。それこそ娼館の褥より感染者を多く出すリスクがある。そもそもコロナ以前の世界では、電車の吊り革が理由で病気に感染することだって普通にあったと思う。だが、それは病院で治療できた。だから、われわれは平気で吊り革に掴まっていた。現在では病院に辿り着くのが一苦労なので、病院が存在しない異世界を医療難民として彷徨している。最近では手術を先延ばしにする人も増えているようであるし、患者が病院に来ないので病院が倒産しそうという間抜けな話もあるが、この世に病院はないと思って生きていくしかないのだ。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング