もし五輪がないとすれば、ワクチンの争奪戦があるにしても、徐々に高齢者にワクチンが供給され、段階的に日本社会がコロナを克服していくことが予想される。ワクチンが充分に行き渡るのが秋冬、もしくはその先になるとしても、8月あたりなら、ウィルスもそう流行らないであろうし、今よりだいぶマシな社会生活ができそうである。だが、オリンピックがあるとなると、箍が外れた惨状を呈する可能性もあり、8月あたりに楽観的な見通しを立てることが出来ない。まず観客を入れる可能性はほとんどないので、無観客開催をするかどうかであるが、放映権料はIOCに入るので日本は儲からない。とはいえ、そういう巨大利権から見放されるとしても、マスコミや広告代理店は広告枠を埋めて日銭を稼ぐために強行したいであろうし、中止とは限らない。東京五輪という毒杯さえなければ、8月あたりに、もっと経済再生に繋がるような人間的活動を(税金ではなく民間でそれぞれが勝手に)企図できそうなのだが、五輪開催という不安があると、そこに向けた投資をすることはできない。オリンピック中止が決まらないのは宙ぶらりんの状態であるし、ましてや決行されたら恐るべき大不況が待っている。微々たる広告収入のために決行されたらたまらないので、暖かくなったらデモをやるべきであろう。コロナなのにデモをやることに日本人は嫌悪感を抱くが、それで中止が引き出せるのならたいしたことはない。日本人のデモで生じる感染など、外国人の入国に比べたら些細なものである。何が何でも外国人の入国を封じ、秋冬にワクチンが行き渡るまで凌げばいいだけである。国境封鎖が必要なときに五輪開催というのはありえないし、夷狄を排撃するためにあらゆる活動を惜しまない。自民党の年功序列で降り積もった悪魔を祓わなければならないし、最終大戦は目睫の間に迫っている。五輪に賛成している僅かの人間は、なにか利権に絡んでいるか、この一年間のマスク生活で何も学習しなかった木偶人形と言える。生命の回復のために蒙を啓かなければならない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング