レジ待ちはなぜストレスなのか、というと、やはり割り込まれたくないからであろう。割り込みという侮辱行為を受けないように警戒することがストレスなのである。自分の顔に泥が塗られないか畏怖している。割り込まれるとメンツが丸つぶれなのであり、これは待ち時間の問題ではない。たとえば開かずの踏切で5分10分待たされることがあるとして、これはレジ待ちと似ているがやや違う。開かずの踏切はメンツの問題ではないが、レジ待ちはメンツの問題である。最近話題になるあおり運転も、実はその前にメンツを潰す行為があるという。あおり運転の被害者にヒアリングすると、加害者の憤激に心当たりがあることが多いというのだ。相手の進路を塞いだ(もしくは意図せず塞いでしまった)、あるいは割り込んだ(もしくは意図せず割り込んでしまった)という因縁があり、それへの報復なのである。われわれ人間の歴史は3次元空間で陣地を奪い合うゲームであり、割り込むというのはそのゲームの1ターンとしての攻撃である。肉体そのものが幅や面積を持った存在であるから、ひとつの座標に一人という排他性があり、自分が求める座標に他人がいるなら諦めるか排除するかである。空間を占拠する戦いを、文明の端緒から、もしくはそれ以前から生物として行っているのだから、失笑して済む話でもない。空間が無限にあるとしても、誰もいない場所に住むことはできないから、他人と共存せざるを得ないし、奪い合いが発生する。たとえばインターネット空間に面積はないが、誰もいない場所に価値はないと言えるし、発生した場においてのトラブルは多々ある。人間が住んでいない場所にスーパーマーケットはないし、レジ待ちもありえない。終の棲家として誰もいない深山幽谷の地に住むことはできるがそれは死の準備であるし、つまりわれわれが生物として生殖するなら、やむなく他人と共存するしかなく、そこで割り込みとか、主人と奴隷の支配関係とか、そういうことになる。他人の生々しい体臭にうんざりしながら生活するしかないのである。お互いの体が臭いと言えばそれまでだが、ともかくそういうことだ。当然ながら、レジ待ちは、土地の奪い合いや支配関係とは話が違うのだが、ごっことしては同じである。金持ち喧嘩せずという心境でいれば、割り込まれたところで実害はないので看過する。人間関係においては「なめられたら終わり」というのがあるが、レジ待ちは人間関係ではないので「ここで勝っても仕方がない」という現実はあり、たまたま割り込んできた人間に負けても人生にデメリットはない。だから、負けるが勝ちという心境になれる余裕があるかどうかである。われわれはゼロサムゲームを生きているので余裕がない人が多いから、どうしても報復を考えるし、いわば憂さ晴らしとして実行する人もいるのだろう。レジ待ちで喧嘩する人はさほどいなくても、あおり運転だとそれがやりやすいのであろうし、やはり割り込みこそが人間の歴史の根本であるから気をつけねばならない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング