コロナにおいてあちこちが苦しんでいるのに、なぜ飲食だけ助けようという強い流れがあるのかというと、おそらくスケベ親父が多いのだろう。パトロン気取りなのかもしれないし、それでいて自腹で支援するお金がないから、税金で払わせようとする。最近はそうでもないが、昭和のイメージだと飲食をやるのは社会の底辺である。未だに昭和の亡霊のような個人飲食店が存在しており、事業規模はともかく、事業者の数では多数派である。古めかしい個人飲食店はたいてい家庭環境が悪い。この家庭環境の悪さはガチでもあるし、しかし未だにやっているのは、それなりの狂言でもある。最近では貧乏人でもユニクロやニトリで小綺麗な生活をしている。貧乏だと小汚いのは昭和の話である。ボロボロの飲食店を構え続けるのも、立ち退かずに格安の家賃で借り続けようという弱者の戦略だろう。とはいえ、やはり彼らは元々が底辺なので擬態ではあれど、まったくの虚偽ではない。そういう育ちの悪い気の毒な召使いに接客してもらうわけだ。協力金も最初はこの手のボロボロ個人飲食店にバラマキされた。この疚しさもしくはスケベな感情が協力金バブルとなり、いずれ大増税となって襲いかかってくるのだから、恐懼の念に耐えない。少なくともわたしは御主人様になる気はないから、パトロン気取りのべらんめえ親父には呆れている。助けたければ自腹で助けてやれと思うし、バーの女給の生い立ちに同情しながら飲む酒がそんなに美味いか、という話である。千円札を握りしめてスナックのママに齧りついているスケベ親父は親分気取りであっても出せる金などないから、飲食への同情というキャンペーンを張るわけである。飲食店の悲鳴という記事タイトルにはうんざりである。これをいい機会に昭和の遺物を叩き潰さなければならない。家庭環境の悪い人に接待してもらう慈悲深い御主人様になるのは御免こうむる。さて、飲食を好む理由として、他人にプライベートの時間を割いてもらう手段だからというのがある。共通の趣味でもあればそれをやればいいが、なにもない相手と場を伴にしたいとなると、会食が手っ取り早い。本当に必要な打ち合わせなら飲み食いするわけがないので、このよくわからない飲み食いを伴う漠たる打ち合わせが果たして必要なのかというと判然としないし、なければないで済むというのはコロナになってから痛感した人も多いであろう。政治的な連中に自分の時間が奪い取られる損失はとてつもなく大きい。どこにでも派閥はあるものだが、あまりにも昭和的でバカバカしい。飲食につきものの奢り奢られるという関係も、客が御主人様で店員が召使いという構造と関係している。接待でぐるぐる回る政治空間である。こういう昭和的なものは完全に潰して、新しい時代に向かわなければならない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング