Category
Firefoxのアドオンにいつの間にか組み込まれたりするJava Quick Starter。
これは消した方が無難かも。

方法はここに。
Mozilla Re-Mix: Firefoxから【Java Quick Starter】を削除する方法。

記事の中でコントロールパネル云々というのが出てくるけど、これはクラッシック表示の方ね。

通常はカテゴリ表示の画面が出てくるはずだが、赤く囲った部分をクリックすればクラッシック表示に切り替えられる。

classiccontrol.jpg


新しいバージョンのFirefox3.6を入れたら酷い目にあった。
いや、アドオンの互換性の問題なのだけどね。

3.6にしたら、いつものことながら、今まで使えていたアドオンが使えなくなったりした。
だからというNightly Tester Toolsという有名なアドオンを使用した。
これはとても便利であり、互換性のない過去のアドオンでも強制的に使えるようにするのだ。

しかし、それで不具合が発生。

firefoxbroken.jpg

何度何度再起動してもFirefoxがクラッシュするばかり。
強制インストールしたアドオンがバージョン3.6とどうしても合わないのだろう。

困惑しつつ、IEを起動し、古いバージョンのFirefoxを探す。
Firefox公式サイトのトップページの下の方で、

firefoxtop.jpg

バージョン3.5.7のFirefoxを見つける。

これをインストールしたら、問題なく起動。

Nightly Tester Toolsはとても便利なアドオンだけど、今回の私のような羽目になることもあるので、使わない方がよい。
Nightly Tester Toolsが悪いわけではなく、ブラウザのバージョン上げるとアドオンが使えなくなるという構造的問題。
相性が悪いとFirefox自体が起動しなくなることもあるわけですな。
Firefoxは新しいバージョンが出ても無視しろというのが結論。
少し古い方がアドオンの互換性で悩まなくて済む。
「赤く表示」とタイトルを付けたが、これは初期設定。
赤がけばけばしいなら、他の色に設定変更出来る。

ともかく「SEO for Firefox」。

これを入れると、リンクがnofollow属性なのかどうかが一目でわかる。

他にもSEO対策の細かい機能が色々付いている。


GooglePreview :: Firefox Add-ons

このアドオンは説明の必要がないかな。
以下のように、グーグルの検索結果にサムネイルを付けてくれる。

googlepreview.jpg
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1887

ブラウザの利用時間をステータスバーに表示してくれるアドオン。

まあ単に表示するだけなのだけど。

ネット中毒を解消したい人は、このアドオンを使って、ステータスバーの経過時間を意識してみては?

もちろん経過時間を表示するだけなので、何らかの強制力があるわけではない。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング