Category
「ドイツ・イデオロギー」マルクス/エンゲルス(花崎皋平訳)
労働が分割され始めるやいなや、各人は、ある特定の活動範囲だけにとどまるように強いられ、そこから抜け出すことが出来なくなる。
彼は猟師、漁夫、または牧人、または批判的批評家のいずれかであって、生活の手立てを失うまいと思えば、どこまでもそのいずれかであり続けねばならない。

これに対して共産主義社会では、各人はそれだけに固定されたどんな活動範囲をも持たず、どこでも好きな部門で自分の腕を磨くことが出来るのであって、社会が生産全般を統制しているのである。
だからこそ、私はしたいと思うままに、今日はこれ、明日はあれをし、朝に狩猟を、昼に魚取りを、夕べに家畜の世話をし、夕食後に批判をすることが可能になり、しかも、決して、猟師、漁夫、牧人、批判家にならなくてよいのである。


時たまダルビッシュとか為末大が、「自分のことに時間を使ってください」とか、それを言ったらおしまいという寒々しい発言をすることがある。
われわれが他人に首を突っ込むのは、自分には限界を感じているからだし、現実逃避として他人の応援に精を出すのだが、この逃避行動こそがスポーツ観戦なのだから、その興は削がない方が適切だし、アスリートとして生活しているのであれば、野次馬も致し方がないと思うべきであろう。

ネットで暇人と言われてしまう人は、自分に絶望しているのであろうし、それでいて溢れるばかりのエネルギーを持っている。
人生が詰んだという言い回しがあるが、どれだけ駄目人間であろうが、算数のドリルからやり直せば少しはマシになるはずだ。
それをしないのは、僅かに改善したところで何になるという認識なのだろう。
30点の自分を40点に改善しても意味がないと思っているらしく、しかし本当の自分にふさわしい煌めくような人生がどこかにあると爛々と目を光らせる野心家なのであり、そうかと言って、自分ではやることがないから、他人に取り憑こうとするのである。

戦後の教育ママという現象は、専業主婦の家事労働の負担が減って時間が有り余っていたからであろう。
最近であれば、共働きで忙しいかもしれないし、昔のような母親は減ったという漠たる印象はある。
労働によって人間が疎外されるとマルクスは言ったが、どっちみち自分でやることなど無い人が大半であろうし、自由時間という地獄から人間を救済するために労働があるとも言える。
常識的な人間でも何らかの理由で膨大な自由時間を与えられたら、ネットで大暴れしないまでも、持て余すことはあるに違いない。
やはり人間は他人に関わることに飢えており、この飢えを有効活用するためには、資本に雇われて言われた仕事をやるのが需要と供給をマッチさせるのであろう。


われわれの正義は迂回しており、直接的に投げかけられるよりは、間接的に投げかけられるのが大半である。
その場では有耶無耶にやり過ごしておいて、後で愚痴ったりして、その愚痴が流通してルールになったりする。
当事者の間でルールが形成されるというよりは、別のところで火柱が上がって回覧板のように回ってくるのである。
われわれはマスゴミに漠然とした批判をしてはいるし、マスゴミも目にしてはいるだろうが、やはり武力の差という問題があるから、弱々しい間接的な批判など意に介さないチンピラも立ち現れる。
今回の共同通信の記者もヤクザではないだろうし、むしろ社会階級としてはアッパークラスに属しており、威張ると通じるという経験が蓄積しているだけであろうから、そこらの不良公務員と同類である。

権力が威張るのは合理性があり、ひとびとは屈辱を畏怖することで沈黙する。
われわれの大半はマスゴミに暴言を吐かれたことなどないのだが、とはいえ、暴言を吐かれる想像はしている。
マスゴミの前ではおとなしくしてないと、恥をかかされると思っているわけだ。
実のところ、この世界の屈辱の大半は、そういう仮想問答である。
われわれは屈辱を避けているから、屈辱の恐れがあるだけで充分なのである。
つまりリンチされるのを恐れているのであり、実際にはリンチされてない。
このような恐怖イメージこそが権力なのである。
全員を支配する必要はない、というより、無理なのであるから、逆らったらリンチされると畏怖させればよい。

それを何らかの形で討ちたいというひとびとの怨嗟も積み重なるので、特権階級がカルマから逃げ切れずに討ち取られることもままある。
とりあえずこの共同通信の記者が解雇されるかどうかが見ものである。
憎悪されることによって巨大になったのであろうから、やはりこの怪物を倒したというシンボリックな成果が必要であるし、具体的には問題の記者が共同通信社から解雇されるかどうか、なのである。
見せしめが行われれば、あらゆるマスゴミ関係者に恐怖を与えることが出来るし、それが倫理となる。
解雇されないとすればどうなるか、それは共同通信社が畏怖するべき問題である。
ユナイテッド航空でベトナム系の人間が引きずり出された映像で、NHKの桑子真帆なるアナが半笑いしていたそうである。
この映像が見当たらないので、見もしないで書くわけだが、とういうより、たいていの人が見てないのに怒っているのは、なにかしら媚びた笑いを想像しているのであろうし、このNHKアナの罪科はともかく、日常的に思い当たる事象なのである。
(この問題があった4月11日夜の時点のSNSを検索してみると、笑ったことにリアルタイムで反応している人はたくさんいるので、笑ったことは事実のようだが、その表情までわたしは見ていない)。

だれかが悲惨な目にあっているのに、なぜか雰囲気を和らげるために笑う人がいるのである。
やはりこういうのは媚びているのであろうし、強者におもねった傍観者なのである。
当然ながらそういう媚びた傍観者は怨まれるのだが、とはいえ、本当に面白がってるのではないし、傍観者としての媚びた笑いを咎めるのもなんなので、たいていは黙過されている。
こういうトラブルの映像を見たら、とりあえずは無表情を作るべきであるし、本当に罪がない傍観者であろうとするなら、その中立性は必須であろう。
雰囲気を和ませる必要などないのである。
笑うのであれば傍観者としては一線を越えたのだ。

さて、冒頭に述べたように、この映像はほとんど出回ってないし、わたしも見てないのだが、伝聞でも不愉快になれるのは、似たような場面が想起できるからであろう。
リンチが行われたなら、それを和ませる笑顔があるのである。
本当に楽しんでいるわけではなく、暴力をジョークとして取り繕おうとしているわけだ。
このような中立ではない傍観者が思い浮かぶからこそ、この桑子真帆アナの半笑いの映像がないのに怒れるのだし、社会全体を怨む通り魔の発想にも繋がるのである。
浅田舞が両親や妹を怨んでいるのも、人間が理想を求め、怨敵を作る生き物だからである。
浅田舞は栄誉などまったく欲しくなかったのかというと、そうではないであろうし、気楽なポジションにいた妹の方が理想を叶えただけである。
ノルマを課せられないほうが傷痕が少なく予後がよいとしても、期待されなければ何も求めなかったわけではあるまい。

人間は他人に期待しては怨んだりするが、そもそも最初の動機が怨みなのである。
おそらくわれわれは怨みを晴らすために生きている。
理想が叶わないままでは死ねないのである。
われわれは屈辱や怨みを執念深く抱えており、それを晴らすつもりなのである。
そして、その仇討ちを他人に期待するのである。

この文脈で言う理想とは、理想主義とはまた別であろうし、誰でも思い描く薔薇色の未来であるが、そこに到達できず、怨みが生じてこそ人間である。
快楽/苦痛の落差でドラマが作られていく仕組みの中に存在している。
落下しても大丈夫なようにクッションを置けばいいという話でもあるまい。

他人に期待することが悪事と見なされないのは、おそらく、他人の成功を祈って何が悪いということなのだろうが、ノルマを果たせなかったら怨敵として扱うのだから、やはり身勝手である。
愛しては思い通りにならなくて怨むのが人間らしさでもあり、この悪事と見なされない業病こそが人生を形造っている。
不本意にも暗澹たる刻印を象嵌するとしても、また懲りずに愛するのであり、その大半が裏切られる繰り返しである。
イスラム国はキリスト教も仮想敵にしているから、そこがクローズアップされる。
アルカイダとイスラム国は直接の繋がりはないが、歴史的な系譜としては連なるであろうし、反米思想の側面はある。
だが、イスラム国はシーア派の殲滅と、スンニ派の実効支配に重点を置いている。
あくまで大量に虐殺されているのは中東のシーア派である。

イスラム国はスンニ派の住民に対しては保護する立場なので、それこそ国家として機能している。
シーア派が一方的な被害者というわけでもあるまい。
これまでシーア派に殺されたスンニ派だってたくさんいるわけだ。
アサドはシーア派である。
イランはシーア派の本拠地のようなものなので、当然ながらアサド政権を支援することになる。
つまり、イスラム同士の内紛であり、スンニ派の方が多数であるから、イスラム国が衰退する可能性は低い。
こう考えると、アサドを追放してスンニ派の政権を立てることで安定化を図る策が浮かんでくるが、おそらくそう単純ではないのであろう。

ここ数日の発言を拾えば、国務長官のティラーソンは、カダフィが殺害されてから無政府状態になっているリビアの事例を挙げて、アサドの排除に慎重な姿勢を示している。
国連大使のNikki Haleyはアサドを排除するべきだと言っている。
国家安全保障担当補佐官のH.R. McMasterは両方の可能性を説明しつつ、アサドを軍事的に排除する意欲を示しながら、政治的解決も考えていると示唆している。

イスラム圏だと近代的なナショナリズムが発達してないし、国境線より宗派の方が重要らしいので、国民国家という図式で考えるのが妥当かどうかもわからない。
われわれは国境線を命のようなものと考えているから、イスラム国を認めまいというスタンスを取っているのだが、イスラエルとどこが違うのかは判然としない。

われわれがこの戦国時代のような状態を嗤うのは容易いし、第二次世界大戦が最終大戦であり、そこで国境線が確定したというのが近代的なイデオロギーであるから、21世紀にもなって国境線を引き直そうという行為には抵抗するのだが、進歩的なEUからイギリスが離脱し、あるいは、そこからスコットランドが独立する可能性もあるのだし、先進国が先走ったことへの反動が先進国でも巻き起こっている。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング