Category
経歴詐称とはまた別に、アリバイとして肩書を求める心理がある。
アリバイの訳語は現場不在証明だし、やってないことの証明なのかもしれないが、サッカー部に一週間いただけでサッカー少年だったかのように語るような人を揶揄して、アリバイと言ったりするわけだ。

たとえば有村悠さんなどは艦これ同人誌でようやく実態としての同人活動が出てきたといえる。
さすがに艦これもブームが去っているから収入は下がっているだろうが、オタクという自己設定のために落書きの同人誌を出していた時代とは違う。
以前に比べれば画力も向上し、絵柄は古いが、かなり細かく描きこんでいるので、1970年代くらいにプロが描いた作品と言われればそうかなと思うレベルである。半世紀前の水準といえばそれまでだが、ずいぶん本気で執筆している様子が伺える。
こうなるまでは、ちょっと囓ってアリバイを作り、それで生きてきたわけである。
フリーライターをやっていたのは事実だが、仕事量は少ない。
東大に入ったのは事実だが、ずっと不登校であった。
イラストが商業誌に採用されたことがあるのも事実だが、その一度だけで終わり。
つまり真っ赤な嘘とは言い難いが、自己設定のためのアリバイだけ作って、 いかにも本格的にやったかのように見せるわけである。

肩書を作るのが人生とも言えるから「肩書にこだわるのはよくない」という綺麗事は無益だ。
医者になる人は肩書が欲しいから医者になるのである。
あまり俗的な本音を言うのも差し障りがあるから、とりあえずタテマエ的に美しい志望動機を求めることも必要だが、結局のところ、動機は上っ面でいいが、たとえば国公立の医学部に合格するならそれだけの勉強が必要だし、努力は本物でなければならない。
これが真逆だったのがかつての有村悠さんであり、いわゆるワナビー問題と言える。
まずは肩書に憧れていて、その幼稚な憧れを、何かしら純粋で美しい動機と錯覚し、庵野秀明の後継者と自己陶酔していたわけだが、実際の努力が上っ面なのである。
先程も述べたように有村悠さんは艦これに出会ったことで、 エロ同人とはいえ、創作そのものを目的にできるようになったのであるし、 予後がよい部類と言えるであろう。
聖者の物語には悪魔との対決が必須であるようだ。聖性は戦って勝ち取らなければならない。まさにその通過儀礼の真っ只中にいるのが水野由結ちゃんであり、中元すず香という魔人と対決しているのである。超逸材であるがゆえに奪い合いになり何年も飼い殺しになった格好であるし、人気アイドルなら活動の一環として必ずあるはずのドラマ出演も、ドブス中元が原因で握り潰された。たくさんの手傷を負ったはずだが、これによって水野由結ちゃんという存在が腐食剥落するものではなく、むしろ悪魔の鉤爪の疼痛を知ることは聖者たるために欠かせないように思える。水野由結ちゃんは温厚で平凡な性格に見えながらも、実はかなりの理想主義者であるし、俗塵に塗れた日常性に馴染んでいるわけではない。この多感な青春時代の岐路において悪魔と対決するのは、やはり試練なのであるし、水野由結ちゃんという聖者が世界史に姿を現すために、つまり少女趣味の絵空事ではなく、力への意志をもってして血肉化するような本物の理想を描けるかどうかである。今は一人の人間として憂鬱に身を委ね、悪魔によって黒く塗り潰された世界に直面し眉根を寄せているのだが、いずれこの傷だらけの受難者が人間普遍の苦悩と気脈を通じ、蒼天から地上まで人類愛の稜線を結ぶのである。水野由結ちゃんを飼い殺しにされた大空位時代はわれわれにとっても恐るべき暗黒期であったが、異端者として荊棘を髪飾りとした虜囚生活がただの悲劇で終わるかどうかは本人次第であるし、われわれが水野由結ちゃんに向かってそれを言うのは、まさに釈迦に説法ということになるだろう。だいたいの俗物は世の中の仕組みを最初から知っており、手練れの娼婦のように裏表を嗅ぎ分けて世渡りしている。水野由結ちゃんにそういう現実感覚が欠けているのは、いい子の病と言えばそれまでだが、あらかじめ本能に書き込まれた社会性ではなく、物事の生々しさから真実を学ぶしかないのである。中元すず香という悪魔のせいで飼い殺しにされたのも、具眼者がその眼睛を開くための試練であり、聖者でありながら同時に人間の痛みも知っているという境地に至るためであろう。無比なる無垢な感情をもった天使だからこそ、その心は暗澹たる俗悪さに触れる必要があったのだし、中元すず香のように他人の人生を破壊し続ける残虐な悪魔と居合わせたのも、人類の暗渠の陰翳に通じるためであったのかもしれない。綺麗なことしか知らない天使としては薨じたとしても、われら人類の教師である水野由結ちゃんにとって、その眼差しがさらに深い賢明さを具えるための運命という気もするのである。
水野由結ちゃんが病んでしまったのは中元すず香が吐き出したヘドロによるものであろう。
水野由結ちゃんが消えるとして、代役を希望する人間はほとんどいないはずだし、アミューズ内の有望な素材からことごとく断られているはず。
BABYMETALくらいの立ち位置ならドラマ出演は100パーセント可能であるのに、そういう特典すら奪い取られて海外のおじいさんのバンドの前座回りとか、加入するメリットがまったくないわけだ。

あと、中元すず香という巨悪に比べると些末な話になるが、水野由結ちゃんはギターの音が聴き取れてない側面もあると思われる。
聴き取れたとしても黴の生えた楽曲にうんざりするだけだが、聴き取れてないと耳障りなノイズでしかない。

女子がギターを弾こうとすると、まずはチョーキングが問題となるはずである。
女子にギターを教える機会がないので、実際に試したわけではないが、とりあえず書くだけ書いてみよう。

チョーキングは指だけでするのではなく、ネックを握るようにする必要がある。右利きであるのを前提として記述するが、左手の親指で6弦をミュートする癖を付けておくとチョーキングはしやすい。ネックを上下で挟む感じである。つまりアコースティックとは親指の位置を変える必要がある。
6弦ミュートそのものはさして必要ではなく、使うとすれば、5弦の開放弦を鳴らす時であろう。 Ozzy OsbourneのCrazy Trainのように5弦の開放弦を多用する楽曲で、6弦を親指でミュートする具合である。
ともかく普段から親指の癖として6弦に触っておく。親指で触るのに無理がある場合、たとえば4弦と5弦でパワーコードを弾くとして、6弦を親指でミュートする人はほとんどいないであろうし、そういう時は触る必要がない。
あくまでチョーキングのためのミュートである。
念を押しておくが、親指で6弦をミュートするのはミュートのためではなく、親指でネックを上から押さえつつチョーキングするわけである。

女子のギタリストが少ないとすれば、ここまでに述べたオーソドックスな方法では対応しきれない変則的なチョーキングもあるし、あるいは指の長さにしても、基本的なプレイは問題ないが、変則的な運指をする時に指が届かないことはあるだろう。
自分のバンドの楽曲を弾くならいいが、スタジオミュージシャンとかサポートミュージシャンとなると、指が長くないと弾けないとか、指の力がないとチョーキング出来ない変則的なフレーズを弾かされる事態もあり得るので、女性はかなり限られてしまう。
スワロウという社名で商業登記を検索してみるとパチンコ会社京楽の関連企業が出て来るが、もちろんこれは声優事務所ではないし、場所が愛知県だから違う。

遠藤ゆりか所属のスワロウのホームページにはこのような住所が記載されているが、要するに虎ノ門にあるポニーキャニオン本社ビルの10階である。

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-5-10 10F

この10階にあるのはポニーキャニオンの100パーセント子会社であるポニーキャニオンアーティスツであろうと思われるのだが、あまりはっきりとしない。
ともかくスワロウという声優事務所は法人としては実在してないので、分社化しているわけではなく、あくまでポニーキャニオン本社の10階にある声優関連の部署の名前だと思われる。

手数料を払ってまで建物図面や各階平面図の登記を閲覧する意味は無いので、ネットで適当に調べると、ポニーキャニオン本社ビル(11階建て)の延べ床面積は6,433.15㎡ということなので、ひとつの階は単純計算で584平方メートルあるから、だいたい24メートル×24メートルくらいである。
このポニーキャニオン(もしくはポニーキャニオンアーティスツ)の10階の片隅に、スワロウと名乗る声優事務所があるのだろうが、ポニーキャニオンのいろんな事業がドンブリ勘定とは思えないから、何かしら独立採算制で動いているとも考えられる。スワロウは巨大企業の中の小さな部署という印象なので、ここに問題があったとも考えられる。

Roseliaの他のメンバーの所属事務所についておさらいしておこう。

工藤晴香の所属しているエースクルーエンタテインメントというのは、代表取締役の自己紹介を見る限り、ブシロード関連会社であると思われる。

https://twitter.com/kazushimiyakoda
株式会社エースクルーエンタテインメントの代表取締役会長に就任しました。 主に映像制作、音楽制作、タレント事務所が弊社の事業内容です。自分自身がサウンドデザイナーというクリエーターとしてがメインですが、現在ブシロードに出向し、エグゼクティブプロデューサーの肩書きのもと、木谷社長から学んでいます。


またドラマーの櫻川めぐであるが、「株式会社S」所属で、ここはRoseliaの音楽プロデュースをしている上松範康が所属している。
櫻川めぐは売れない声優・売れない歌手だったが、上松範康から楽曲提供を受けたこともあり、接点そのものは昔からあるようである。
このおばちゃんの冴えない容姿や、一人だけ突出した演奏力からして、プロデューサーが無理して押し込んだというのではなく、実力と考えてよさそうだが、ドラムをやったことがないという表向きの説明は嘘かもしれない。

相羽あいながブシロード声優であることは説明を要しないだろうから、ここは割愛する。

明坂聡美はスペースクラフトからアミュレートという経由であるが、ブシロード作品との関わりが深いので、ブシロード声優と誤解している人も多いかもしれない。

遠藤ゆりかの「スワロウ」だけ外様のように思えるが、ブシロードはブシロードミュージック設立後も、ポニーキャニオンと縁を切ったわけではなく、かなり円満にやろうとしているから、これはこれとしてひとつの枠とも言える。
ともかく遠藤ゆりかはビジュアルでかなり決定力があっただけに、これを失うのはRoseliaとしては痛恨の極みである。
遠藤ゆりかは事務所もレーベルもポニーキャニオンなのだが、今後についてたとえばブシロード移籍というのが思い浮かぶし、ブシロードとしても引き受けたいだろうと思われるが、それでもポニーキャニオンから廃業という強い言葉でアナウンスされたのは業界全体への強い恫喝であろう。来年五月にポニーキャニオン主催で遠藤ゆりかの単独ライブを行う不可思議さも、つまり、商品価値が高いがゆえのことである。廃業が半年後になっているのは、すぐに代役が見つからないだけでなく、声優活動はRoseliaだけにして、ポニーキャニオン主導でアーティストとして個人活動する並行路線を模索していると思われるが、五月の単独ライブがただのお別れ会で終わる可能性は極めて高い。

オワコンBABYMETALの新メンバーということだと将来有望な素材は全員が断るが、Roseliaであれば希望者はいくらでもいる。遠藤ゆりかの代役となるとかなりハードルが高いが、希望者ゼロのBABYMETALとは違う。ブシロードとしても遠藤ゆりかはほぼ断念し、代役探しを優先して進めると思われる。声優業界は移籍問題でヤクザが出てくるわけではないのですんなり行くことが多いが、今回はRoseliaのコンテンツ価値がとても高いので、移籍という選択肢を徹底して潰された印象が強い。

遠藤ゆりかは若くて美人だから、目先の誘惑も多いであろうし、悪意をもって空想するなら、遠藤ゆりかの彼氏の意向で決まる印象なので、阿呆な話である。というより、遠藤ゆりかが彼氏と同棲してうんたら、という風聞は虚偽であろうが、実はこれの真偽は問題ではない。嘘であることは間違いないからだ。問題なのは、彼氏と遊んでバックレてもおかしくないというか、それくらいの印象を持たれていることである。先日で言えば、水野由結ちゃんが中元すず香の地元凱旋公演をバックレたが、彼氏うんたらと非難する人はまったくいない。あり得ないからである。水野由結ちゃんのように志操の堅固な有徳者であれば、かならず大義はあるのである。遠藤ゆりかは、そのような信頼性がないことを恥じるべきであろう。美人というのはカーストが高いが、恋人と付き合うと、相手も美男子とか金持ちとかカースト強者になるので、攻め落とされた王舎城が社稷墟となり荒廃する様相を呈することもある。こうやって恋人うんたら書いているのも、中傷と言えば中傷だが、実際は空想であり、「やってもおかしくない人間」と見なされているかどうかのテストなのである。われわれは警察ではないから、冤罪云々言われる筋合いはなく、有罪無罪の話ではなく、普段からどのように見られているかである。

遠藤ゆりかの個人的な問題だけでなく、ブシロードとポニーキャニオンの関係が悪化している側面もあると思う。最近のブシロードはポニーキャニオンから離れてブシロードミュージックを立ち上げてるし、Roselia(バンドリ)はブシロードミュージックである。とはいえ、関係悪化と書いてみたが、ブシロードが自前でやるようになったので、ポニーキャニオンとライバル関係になったという構図がわかるだけで、実際は和気藹々としてるのかもしれない。 たとえば三森すずこは所属がブシロードで、レーベルはポニーキャニオンだし、元々の蜜月関係の名残とも言えるが、三森すずこはまったく揉めてない。Roseliaのボーカルの姉ちゃんと三森すずこが参加している「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」はブシロード企画だがレーベルはポニーキャニオンだし、Roselia(バンドリ)はブシロードミュージックとはいえ、ポニーキャニオン丸抱えの遠藤ゆりかがメンバーに入っているのは、たいして対立などしてない証拠ともなる。中傷うんたらではなく、そもそもわれわれ第三者は他人の私有地に立ち入って実況見分することは出来ないし、三森すずこがすごい極悪人で遠藤ゆりかが聖者という可能性だってなくはないが、普段の言動からして、どちらが信頼できるかと言ったら答えは明白である。

Roseliaではドラムのおばちゃんが突出して演奏力があり、ギターが一番下手くそなので、本当はギターがいなくなるといいのだが、容姿端麗でそこそこ演奏力もある遠藤ゆりかが脱退するのは、水野由結解放戦線の一人として残念なことである。
「熱色スターマイン」の衝撃があったからこそ、BABYMETAL陣営も右往左往しているのであるし、ここで失速されるのはたいへん困るところである。
遠藤ゆりかのビジュアル的な見映えの貢献度は高いし、これが損なわれるのはとても惜しい。
代役が残念な人選にならないことを祈るばかりである。

さて、後段はちょっと別の話になるので、本来なら新規にエントリーを起こして筆を改めるべきなのかもしれないが、可読性を上げるために手取り足取り世話を焼く気はないので、続けて書いてしまおう。
声優というと、まず顔面が不細工というイメージがあるが、実はスタイルの悪さが本質であろうと思う。顔がでかいとか足が短いとか、等身のバランスが悪いのである。遠藤ゆりかは女優と並んだとしても、おそらく見劣りはしないはずである。顔だけ見るとたいしてすごい美人というわけではないが、身体全体のフォルムがとても綺麗である。職業モデルにありがちな長身でゴツゴツしたタイプでもないから、本当の意味で理想的な女である。三森すずこは年齢が違うので、そのまま比較はできないが、三森すずこの23歳の状態と考えても、やはり遠藤ゆりかの方が全体的なフォルムとして特権的な美貌がある。三森すずこもスタイルはいいが、あくまで一般人の範囲であるし、遠藤ゆりかのような洗練された肢体ではない。
Roseliaメンバーで遠藤ゆりかに反感を抱く動機のある人物というと、ギターのおばさんがまず思い浮かぶ。工藤晴香はトップコート所属のセブンティーンモデルだったが、おそらく身長150センチ未満であるし、鳴かず飛ばずで解雇だったと思われる。決して工藤晴香が遠藤ゆりかを酒瓶で殴ったわけではあるまいが、身長が低く見えないようにずいぶん工夫してるし、遠藤ゆりかの隣に並びたくないという感情はあったはずだ。工藤晴香に限らず、声優はスタイル弱者なので、遠藤ゆりかと並びたくないというのは周囲の誰もが思っていたはずである。遠藤ゆりかは顔だけならたいしたことないので、座ってる状態ならまだいいが、立ち姿で並んで写真を撮ってネットにアップされると、いわゆる公開処刑になってしまう。モデルみたいな美男子と並びたくないというのは男だって思うわけだし、スタイルがいい人間が疎まれるのは男女共通であろう。見た目が不細工で忌まれている人間からすれば贅沢すぎる悩みであるし、遠藤ゆりかの悩みのうち「隣に並ぶのを嫌がられる」というのは瑣末なものだっただろうが、やはり、モデルみたいな等身で声優業界にいると、顔デカ短足の周囲から敬遠されるのは確実にあったと思うから書いてみただけである。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング