Category
人間は交換可能な存在である。岩崎友宏にとって、冨田真由さんでなくてもよかったはずであり、若くて美人なら誰でも交換可能だったはずだ。それにも関わらずロックオンを外さないというミステリーである。ロックオンという単語は相思相愛の場合には使わないであろうが、もし、相思相愛をロックオンと呼んでもいいのなら、常識人もロックオンしあっている。片想いと相思相愛は線引して然るべきであるし、ロックオンというのがネガティブな言葉なら、相思相愛に用いるべきではないだろう。とはいえ、やはり誰しも特定の誰かをロックオンしているのである。だから、ひとまずこのエントリーでは相思相愛もロックオンだということにする。この世界に74億人いるとして、ほとんどの人には会ったことがない。だから、われわれは既知の誰かにロックオンして、そこからすべての理想が紐解かれる夢を抱いている。一人の人間に向かって74億人を求めているのである。婚活とかナンパで未知の相手を探し回ることはあるにせよ、そういういかがわしい目的がなければ、われわれは狭い人間関係にとどまっている。だから常識人でも、特定の親友や配偶者にロックオンする。常識人が結婚するとすれば、お互いに「この人しかいない」と思うわけである。果たしてこれが岩崎友宏と区別できるかというと、何とも言えないのである。やはり「この人しかいない」という感覚は同じである。岩崎友宏の異常性については論を俟たないだろうが、むしろ、常識人が「この人しかいない」と結婚する仕組みの方が不思議である。品定めや選り好みをしながらも、「この人」という交換不能なところに着地していくのである。いくら人間が交換可能とは言え、現実に出会ってなければ無と同じであるし、実際に人生において接した狭い人間関係こそが、具体的に肉付けされた物語なのである。想像上の人物と、具体的な人物を比すれば、後者の方に質量がある。ここにはやや欺瞞があるだろうし、代えがたい人間などいないのであろうが、いわば現実は乗りかかった船と言うか、やり直せないので、その一回性の因縁こそが真実だと思い込むのである。また、相手をかけがえのない存在と見做すのは、真剣さのアピールでもある。このような真剣さで盟約を結ばなければ、われわれは交換可能性の中に埋没してしまう。他人から真剣な好意を持たれて、代えがたい存在だと思い込まれるのは恐怖でもある。ロックオンに重みがあるからこそ、相思相愛の愉しみもあるのだろうが、あちこちでブロックされまくった岩崎友宏が、日暮れて道遠しという風情で人生を歎じながら、最後の最後に辿り着いてくる災難もある。相思相愛に限ってロックオンは許されるという常識的な考えに丸めてつつがなく筆を置くのは可能であるが、一人の相手に思い焦がれて眠れない夜を過ごすのは誰しも経験するであろうし、相思相愛になろうと契約書に捺印してから、ようやく重い腰を上げてロックオンし合うわけではない。われわれは量産された骨組みを持ったプラモデルではなく、個性的な顔を持った唯一無二の存在であるらしいが、これを成り立たせているのは、特定の相手への執着である。この執着がなければ、月明りが縹渺たる白骨の群れを照らしているだけの世界になるだろう。愛情が特定の相手に向かって焼き付くように像を結ぶからこそ人間なのだと言えよう。ロックオンされたらなかなか遁れられないのも、それが愛着の幕開けであり、その執念深い持続性こそが人生という物語の本質だからである。
常識的過ぎて、わざわざ考えない話題というのもあり、おそらく、この話も、当たり前すぎるから論じない性質の退屈な話である。
とはいえ、退屈だから書かないことをわざわざ文字にしてみる試みもときには必要であろう。
女は結婚相手によって人生が決まるというのは、かつて数え切れないほどの人が述べたであろうが、あらためてこれを考えてみたい。

結婚で人生が逆転できるというのは男が夢見ると莫迦な話として扱われる。
これは有り難いことであり、そのような短絡的な手段は封じられているのである。
冨田真由さんに腕時計を送ったり、橋本愛のファンのコミュニティを荒らし回ったりしなくていい。
そういうベクトルで頑張っても岩崎友宏になるだけである。
この愚かしい希望が封じられてないとしたら、われわれの惨めな存在はさらに蝕まれる。
冨田真由さんに腕時計を送っても無駄であると、あらかじめわかっているのは素晴らしいことである。
わかっていても岩崎友宏のように実行する人間がいるわけだが、これは失敗例の陳列ということであろう。

これが若い女となれば、つまり自分自身の肉体をプレゼントするという方法があり、この方法があることで、女は聡明さを失うのである。
岩崎友宏が冨田真由さんを手に入れようとするような筋違いな行為が、若い女であれば実行可能なのだから、これでは愚かになっても仕方があるまい。
クラスチェンジへの渇望、それが男であれば無に帰するので、明らかに男は恵まれている。

家族と家(イエ)にまで話を延ばすと焦点がぼやけるかもしれないが、手短に述べてみよう。
家(イエ)はかなり衰退したし、われわれが縁戚関係の重しに縛られることはあまりなくなったが、今の話の文脈としては、恋愛に基づく核家族であろうとも、新しいサークルに入ってクラスチェンジするという野望は満たせてしまう。
家(イエ)という縁戚関係の体系に帰属することはなくなったにしても、やはり結婚は所属サークルの変更である。
自らが三流のままでも超一流のサークルの人間になりうるという願望は、若い女からすると、まったく損なわれることなく保持されている。
男であれば、三流なら三流のままであるが、これは素晴らしい決まりである。
冨田真由さんにたくさん時計を送ったり、橋本愛のコミュニティに大量の書き込みをするような真似をしなくてもいいのである。
これが拒絶されていることによって、人間は人間たり得ているのであるから、恩寵とさえ言えるのだが、それを逆恨みして滅多刺しに行くとか、婚活おばさんとレベルが変わらないと言える。
わたしが今から人気女優とセックスできるとする。
この場合、ずっと前から憧れている方がその喜びは大きいに違いない。
事前に憧れてなくても、魅力的な女性とセックスする喜びが妨げられるわけではないが、ずっと思い焦がれている方が、喜びが深いのも確かであろう。

だから、われわれの自我は、あらかじめ憧れておこうという準備作業に多くを割いている。
長年に渡り思い焦がれてなくても、セックスできれば嬉しいのは言うまでもないから、準備作業の必要などないのだが、やはり喜びを最大化したいので、対象が手に入る前から、香辛料を振りまいてしまう。

フロイトのFort-Daの話、つまり「いないいないばあ」は普遍的であるらしい。
初っ端から手に入るよりは、ひとまず自分を飢餓状態に置いて、対象への憧れを高めたほうが美味しいらしい。

憧れの準備作業をしなくても美人とセックスできたら嬉しいというのは前述したが、やはり「手に入らない状態」というスパイスを付けたがる人がいるようだ。
飢え乾いた空腹でオアシスを発見したいらしい。
これが時として反復強迫の病気となる。
見当違いの準備作業を繰り返す人生になってしまう。

世の中、諦めて普通に生きている人だってたくさんいるし、放っておけば誰でも棺桶に入るのだから、わざわざ飢え乾いて救世主を渇望するくらいに莫迦げた妄念はなかろうが、救世主に取り憑かれた人に、自らの頭に描いた王道楽土は消したほうがいいと説明しても、まったく聞き入れない。
ひょんなことから千年王国が訪れて桃源郷になるかもしれないのに、喜ぶ準備を最大にしなければ感激できない、というのである。
食べる前から空の食器に香辛料を振りまいて、肝心なメインディッシュがガッカリだったらどうするのか、と問うても聞く耳を持たない。
通俗的な理解として言えば、われわれが他人を怖がるのは殺されるのを恐れるからである。
もちろんこれは間違いではない。
刑務所に入りかねないチンピラを怖がるのは当然であり、これについては論を俟たない。
たとえば関東連合に絡まれたら平謝りしておかないと、本当に殺されるケースだってあるわけだ。

だが、そういう犯罪的な事例だけに焦点を絞ると、怖い人の本質を見誤る。
また喧嘩の強さ弱さに着目しても見誤る。
喧嘩ということで言えば、泣いて許しを請う子どもがたくさんいるが、そうでない子どもが時たまいて、それが怖い人なのである。
懐柔することなど決して出来ないような目の据わり方とか、他者への蔑みの強さなど、これがわれわれには畏怖なのである。
教師から観ても、そういう子どもは怖いから尊重されるし、すぐに泣いて命乞いする子どもは馬鹿にされる。

やはり「怖さ」について考える場合に、生命の危機に矮小化するのは問題を見誤る。
こちらが生命の危機を感じているというよりは、相手が生命の危機を感じてないことがポイントである。
腕力がある方が強いという単純な話ではないし、命乞いした方が負けなのである。
学校での喧嘩で、命乞いしなかったから殺された子どもがいるかというとほとんどいないはずだから、命乞いが生命維持のための欲求という通俗的な理解はかなり疑問がある。
たいていの人は物事を総花的に飾り、言葉を丸めて、全体的なバランスを取る。実際のところ、この暗澹たる灰色の世情において、物事はAともBとも言い難く、どちらも一長一短あるケースの方が普通であるから、保身のためだけでなく、それなりに社会全体の損益分岐点を探りつつ、バランスを取って中間くらいのことを言っておくわけである。ニーチェは社会学者ではないし、それはいいことだが、あくまで哲学者もしくは文学者であるから、均衡点に擦り合わせるべく言葉を丸めることはない。ニーチェは24歳で大学教授になったはいいが、25歳で普仏戦争に志願した時に健康を損ねて、それが癒えることなく死ぬまで病に煩わされる境涯となった。この病という拷問器具に締め付けられ、神経毒に蝕まれることによって、病者の光学を発見したのである。健康な身体で社会に馴染むという人間らしさが欠損しているからこそ、厭世主義を強者の論理で克服する自己啓発的な夢想を繰り返した。この病者の光学において、人権などは顧慮されない。たとえばニーチェは貴族主義を礼賛する。これもひとつのレトリックである。ニーチェは奴隷根性を憎んでいるから、それを貴族礼賛として表現しているのである。奴隷に甘んじることへの嫌悪が根底にあるのだから、奴隷に応援歌を送るような記述も可能であるはずだが、間違ってもそんなことはしないし、露悪的な差別主義者として奴隷を徹底的に叩き潰し、人間の本質を暴露していく。どうせ発狂して心神喪失になるのだから社会的立場に配慮して右顧左眄する必要などない。CMタレントではないし文化人でもないから、一切丸めないし、奴隷への反感は徹底して尖らせている。「ツァラトゥストラ」の途中から自費出版であるから、筆禍事件の懸念がないのでなんでもありだし、どれだけ筆が滑っても差支えないので、表現を丸めはしない。物事は極端に表現してみることで、曖昧さが縹渺として広がる世界の裏側の生々しさを露わにすることもある。そしてニーチェの貴賤の感覚からすると、貴族の家に生まれたから貴族という話ではないから、自分こそが超人だと誤読することは可能であり、ボーンアゲインとして新たな自分を揮毫することも可能であるし、仮象をこの世界に真実として描けるのである。なんにせよ、読み手の側が好意的に解釈しているから、ニーチェはかなり広く受け入れられている。奴隷や弱者を糾弾する露悪的文章が、あえてヒールを演じている人類愛として読まれている側面もある。そこまで計算しているわけではあるまいが、そういうトリックスターとしての位置を確立してるからこそ、哲学書など読まない人でもなんとなく知っていたりするのである。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング